写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気シェフの川越達也が、10月19日スタートのTBSドラマ『コック警部の晩餐会』(毎週水曜24:10〜24:40)で料理アドバイザーを担当することが13日、明らかになった。さらに第1話に本人役としてゲスト出演する。

この作品は、連続ドラマ初主演の柄本佑が演じる料理の腕前がプロ級の名刑事、"コック警部"こと古久星三(こっく・ほしみつ)が、容疑者たちを晩餐会に招き、犯人をあぶり出すグルメミステリードラマ。コック警部とコンビを組む新人刑事・七瀬あずみ役には小島瑠璃子、そして、西銘駿、えなりかずき、藤真利子らが出演する。

川越は劇中に登場する料理や、料理人の所作などに対してアドバイスを担当。さらに、第1話では、転落死してしまう元人気No.1女優が暮らす高級マンションの住人という設定でゲスト出演もする。川越のドラマ出演は、2012年4月期にTBSで放送されたドラマ『パパドル!』以来4年半ぶり。

川越は、ドラマ出演について「ドラマの雰囲気に参加させていただけるのは楽しいですし、ワクワクしています。お料理の物語なので、親近感があって、始まるのがすごく楽しみです」とコメント。「前回(『パパドル!』)同様に、川越達也本人役なので、普通にお買い物して、お出掛けしています」と明かす。

また、料理アドバイザーを担当していることについて「料理業界、レストランあるあるの話をさせていただいています。視聴者の方に驚いていただけるような所作とか、物語に出てくるお料理が理にかなっているかなどの話にも参加させていただいています」と説明。「深夜においしそうな料理が出てくると「次の日に食べたいな」となると思うので、ぜひ、イタリアンの物語もやっていただきたいですね(笑)」と期待している。

(C)TBS