牝馬三冠の最終戦となる、GI秋華賞(10月16日/京都・芝2000m)。ここにきて、ひと際注目を集めているのは、ビッシュ(牝3歳)だ。同じ世代の中ではかなり遅くにデビューしたものの、そこから着実にステップアップ。目前に迫ったこの大舞台では、いよいよタイトルを狙える位置にまできた。

 牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)では、早めに動く積極的なレースで3着。夏の休養を挟んで臨んだ秋華賞トライアルのGIII紫苑S(9月10日/中山・芝2000m)では、大外枠スタートから豪快にまくって、2着に2馬身半差をつける完勝を決めた。近走の充実ぶりを見れば、文句なしの有力候補である。

 しかも、最大のライバルで、秋華賞の最有力候補と目されていたオークス馬、シンハライトが出走を回避。戴冠の可能性はますます高まったと言える。

 一躍、秋華賞の"主役"に躍り出たビッシュ。デビューしたのは、3歳となった今年の2月だった。ほとんどの馬が2歳で初陣を迎える中、彼女のキャリアの始まりがここまで遅くなったのは、どんな理由があったのだろうか。

 デビュー前の調整や、レースの間の短期放牧にビッシュが訪れるノーザンファーム天栄(福島県)。場長を務める木實谷(きみや)雄太氏は、デビューまでの道のりについてこう振り返る。

「今も体は小さいのですが、デビュー前にこちらにきたときも『小柄で、ちょっと頼りないな』という体つきでした。それゆえ、成長をうながしつつ、他馬よりも調教メニューを少し加減しながら、じっくり、じっくりとデビューへと調整を進めてきました」

 デビュー戦が418kg、以降も420kg以下の馬体重でレースに出走しているビッシュ。もともと「他馬よりも、1日の調教による消耗度が大きかった」と木實谷氏は言う。だからこそ、時間をかけて育てていった。

「そうは言っても、当時から動きはよかったですね。ディープインパクトの子どもらしいバネがありましたし、能力の高さは感じていました。あとは、それが発揮されるだけのトレーニングができるかどうか。サラブレッドもアスリートですから、いくら素質があっても、トレーニングが積めないと(レースで)通用しないので」

 こうした背景からデビューは遅れたものの、ビッシュは自らの素質を見せつけるかのように、新馬、500万下条件と2連勝を飾った。デビュー戦に至っては、5馬身差の圧勝だった。

「(デビュー戦の頃は)まだまだビシビシと調教できない段階でしたが、そんな状況であれだけ走るのですから、『やはり素質は高いな』と感じました。ただ、2戦目を終えて天栄に戻ってきたときは、疲労困憊という状態でしたね。馬体も減っていて、回復には苦心しました」

 素質の高さは確かだが、華奢(きゃしゃ)な馬だけあって、どうしても消耗は激しかった。実際、デビュー戦を勝ったあと、2戦目はマイナス10kgの408kgでレースに出走している。さらにその後、天栄での短期放牧を経て挑んだGIIフローラS(4月24日/東京・芝2000m)でも、体重を4kg減らして404kgで出走。同レースでは5着と、生涯初の敗戦を喫した。

 それでも、フローラSのあとに天栄に戻ってきたときは、前回と違って疲れは少なく、「回復よりも、調子を上げる方向にシフトできた」と木實谷氏。その証拠に、次走のオークスでは馬体重がプラス12kgと増えていた。そうして挑んだ大舞台で、ビッシュは改めて自身の素質の高さを示した。

 1000m通過が59秒8と、よどみないペースで進んだオークス。ビッシュは中団につけると、シンハライトら有力馬を後ろに見て、いち早くスパート。直線に入って残り300mで先頭に立つ、果敢な競馬を披露した。

 結局、最後の最後、ゴール寸前で勝ち馬シンハライトと2着チェッキーノに屈したものの、堂々のレースぶりで3着。攻めのスタイルで、大健闘したのだった。木實谷氏が語る。

「オークスの3着は強かったですね。ビッシュのレースは、どれも印象に残っていますし、そのたびに改めて"走る馬"だと痛感させられてきました」

 オークスのあと、夏場も天栄でじっくり休養し、早くから紫苑Sを目標に調整を重ねた。木實谷氏は、「(ビッシュは)肌つやもよくなって、体調面も良化していきました。おかげで、しっかりと乗り込めましたね」と話す。

 その言葉どおり、紫苑Sでのビッシュは完全に"強者の振る舞い"だった。1番人気の支持に十二分に応える完勝劇で3勝目を挙げた。「このくらいは走ってくれると思っていました」と、木實谷氏もレース前から手応えを感じていたという。

 そして、2月のデビューから約8カ月――ついにビッシュがGIの勲章をつかもうとしている。

「紫苑Sのあとも天栄に戻ってきましたが、極めて順調に乗り込めました。連戦だった春とは違って、まだ秋2戦目なので、疲労の蓄積も少なかったですね。予定どおりのメニューをこなせましたし、自信を持って送り出しました」

 秋華賞は、ビッシュにとって初の関西圏でのレースとなる。そのため、「初輸送」という壁を超えなければならない。そこを突破して、本来のパフォーマンスが発揮できれば、間違いなくタイトルに手が届くはすだ。

 木實谷氏が「本当にこの馬が完成するのは、来年の秋か、再来年」と言うように、まだ体質面では強化の余地があるようだ。しかしそれは、今後古馬や牡馬と戦うために必要な"伸びしろ"とも言える。

 将来の大いなる野望へと向かう前に、まず実現すべきは、同世代牝馬の中で"女王の座"に就くことだ。素質にプラスして、順調なトレーニングによって馬体に"芯"がともなってきた華奢なヒロイン。そのたくましい走りでどんな秋を彩ってくれるのか、期待が膨らむ。

河合力●文 text by Kawai Chikara