Appleのモバイル決済サービスApple Payが、今月下旬にも日本で利用可能となる予定ですが、同サービスではEX-ICが利用できないなど、一部制限があることが分かりました。

銀行チャージ、キャリア決済チャージも利用できず

JR東日本は、今月下旬から開始予定のApple Payについて、公式ウェブページ上のよくある質問の中で、一部情報を公開しています。
 
同ページでは、JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービスEX-ICおよび銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどが利用できないほか、ビュー・エクスプレス特約はiPhoneへ移行すると解除されるなど、ユーザーがApple Payを利用する上で注意すべき点がまとめられています。
 
他にも、フィーチャーフォン・Android端末からiPhoneへ機種変更をする際は、iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行う必要があること、再発行登録したモバイルSuica情報をiPhoneでは引き続き利用することができないことも案内されています。
 
Apple Watch Series 2でApple Payを利用する際の情報については記載されていませんが、こうした詳細については、Apple Payのサービスインが近づいた際に公開されるものと思われます。
 
 
Source:JR東日本 via わようふうどっとこむ
(クロス)