部屋に欲しい!NYの若手ウェブデザイナーが開発した「アップル・ミラー」が便利そう

写真拡大 (全5枚)

部屋の鏡がそのままiPhoneのタッチスクリーンになる。それが「アップル・ミラー」だ。

デザイン的にもクールだし、大きなiPhoneがいつも壁に掛かっていることになるので便利そう。

開発したのはラファエル・ディメクというニューヨークの若手ウェブデザイナーだ。

鏡全体がタッチスクリーンに

「アップル・ミラー」は、iPhoneの最新OSであるiOS 10に合わせてデザインされている。

鏡(画面)の右上には日付と時間。左上は天気や気温の表示だ。

鏡の全面がタッチスクリーンになっているので、操作は普通のスマホとまったく同じ。

アイコンをタップすればアプリがスタートする。

アイコンをドラッグして別の位置に移すこともできる。

YouTube/dymekraf

また、45秒間操作しないでいると自動的にスリープ状態になり、見た目は普通の鏡と同じになる。

スリープ解除は鏡に触れればいい。

鏡ならではの便利さ

開発者のディメクさんによれば、鏡を巨大iPhoneにするといろいろ便利なことがあるとのこと。

鏡は、たいていの人がお出かけ前に見るものだ。

例えば友だちとの待ち合わせ時間に遅れそうな時、「アップル・ミラー」で服装をチェックするついでにfacebookメッセンジャーを開き、友だちに「少し遅れる」とメッセージを送ったりできる。

YouTube/dymekraf

また、音楽アプリを起動させて、お気に入りの音楽を聞きながら身づくろいするのもいい。

画面(鏡面)には自分の姿とアプリの映像が重なって見えるので、動画アプリで映画を見ながら顔のお手入れをしたりという、高度なワザも使える。

YouTube/dymekraf

オーソドックスに、出勤前に鏡でニュースをチェックするのもいいだろう。

YouTube/dymekraf

まるでジェームズ・ボンドの映画に出てきそうな「アップル・ミラー」。

まだ製品化はされていないが、ひとつ部屋に欲しくなってきた。