10月2日に行なわれるGIスプリンターズS(中山・芝1200m)。秋のGIシリーズの口火を切る一戦は、春のGI高松宮記念(中京・芝1200m)を制した"王者"ビッグアーサー(牡5歳)が頭ひとつ抜けた存在となっている。

 高松宮記念以来、5カ月半ぶりとなった前走のGIIセントウルS(阪神・芝1200m)を快勝したビッグアーサー。先手を取って、後続を寄せつけなかったレースぶりは、まさに横綱相撲だった。さらにレベルアップした王者にとって、スプリンターズSは"絶対政権"を築く舞台となりそうだ。

 しかし、だからといって、穴党が匙(さじ)を投げることはない。過去のスプリンターズSを振り返ってみても、本命馬が磐石の勝利を決めながら、2、3着には多くのケースで伏兵馬が飛び込んできているからだ。

 例えば、昨年は1番人気のストレイトガールが勝利したものの、2着に11番人気のサクラゴスペル、3着に9番人気のウキヨノカゼが入線。3連単は、10万6170円の高配当となった。

 2013年も、単勝1.3倍のロードカナロアが断然の人気に応えて快勝。2着にも2番人気のハクサンムーンが入ったが、3着には15番人気のマヤノリュウジンが飛び込んで波乱を演出した。

 つまり今年も、本命ビッグアーサーが難なく勝利を飾ったとしても、人気薄の馬が2、3着に突っ込んで"荒れる"可能性は大いにある。ここでは、そんなことを実現してくれそうな穴馬を探ってみたい。

 過去に波乱を起こした馬で、まず目につくのは、北海道開催のスプリント重賞を好走しながら、人気の上がらなかった馬だ。

 昨年3着のウキヨノカゼは、8月に行なわれたGIIIキーンランドC(札幌・芝1200m)を勝っていながら、9番人気と評価は上がらなかった。2012年に3着に入ったドリームバレンチノも、直前のキーンランドCこそ7着に敗れていたが、その前のGIII函館スプリントS(函館・芝1200m)では快勝していた。それでも、本番では9番人気と伏兵扱いだった。さらに、2011年に2着と好走したパドトロワも、前走のキーンランドCで3着と奮闘していたものの、9番人気の低い評価にとどまった。

 夏場のスプリント戦は「格が一枚落ちる」という見方もあって、たとえそこで好走しても、高い評価を得られないことが多い。ゆえに、GIの舞台となれば、余計に人気が上がらない。しかし実際は、北海道開催のスプリント重賞で好結果を残した馬が、スプリンターズSでも上位に入線するケースが多々ある。

 その観点を重視すれば、今年も面白そうな存在がいる。レッツゴードンキ(牝4歳)だ。

 ここ2走は、函館スプリントS、キーンランドCと立て続けに3着と好走しているが、それぞれの上位馬が本番にも顔をそろえ、人気が上がる気配はない。だが、2015年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)の勝ち馬であり、底力は十分。過去のケースも踏まえて、アッと驚く激走があってもおかしくない。

 過去の穴馬を注視してみると、他にも興味深いファクターがあることがわかる。それは「GI実績」である。

 記憶に新しいところでは、2014年に優勝したスノードラゴンだ。前走のキーンランドCで8着と敗れたこともあって、当日は13番人気の"大穴"となったが、同馬はその年の春に行なわれた高松宮記念の2着馬だったのだ。

 また、2006年に10番人気で2着に入ったメイショウボーラーは、そもそもダートのGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)の勝ち馬。2歳時にはGI朝日杯フューチュリティS(中山・芝1600m)で2着、3歳時にはGI皐月賞(中山・芝2000m)、GINHKマイルC(東京・芝1600m)で3着という実績を誇る。

 しばらく勝ち星に恵まれず、直前のセントウルSでも7着に沈んだため、人気は急落していたが、大舞台で"意地"を見せたと言える。

 その他、「大穴」とまではいかないが、2009年に6番人気で優勝したローレルゲレイロも同年春の高松宮記念優勝馬だった。その後、GI安田記念(15着。東京・芝1600m)、直前のセントウルS(14着)と大敗して人気を落としていたが、スプリンターズSで見事に復活を果たした。

 要するに、直近の成績が芳しくなくても、かつてのGI馬であったり、GIで好勝負を演じたりした馬は要注意なのだ。

 この点においても、先に挙げたレッツゴードンキは外せない。そして、今年も軽視できないのが、スノードラゴン(牡8歳)だ。

 前述したとおり、同馬は一昨年の覇者。以降、7戦して未勝利だが、一昨年も本番で一気に巻き返したことを考えれば、決して侮れない。2、3着に食い込む力は十分にあるだろう。

 瞬く間に決着がつく、電撃のスプリント戦。その分、わずかなミスも許されない。逆に言えば、その間隙をつけば、穴馬にも付け入る余地はある。はたして、今年はどんな結末を迎えるのか、必見である。

河合力●文 text by Kawai Chikara