◆海外馬券発売開始! 2016凱旋門賞 (1)

 今年もGI凱旋門賞(フランス・シャンティイ・芝2400m)が週末に迫ってきた。芝2400mにおける世界最高峰のレースであり、日本競馬の悲願でもあるこの競走。今年はふたつの意味で、日本で大きく注目を集めている。ひとつはマカヒキ(牡3歳/父ディープインパクト)の挑戦。もうひとつは、日本における初の海外競馬の馬券発売である。

 日本の調教馬が凱旋門賞に挑むのは、1969年のスピードシンボリが皮切りだった。今から47年前。現在では当たり前になった海外遠征も、当時はまったくの手探り状態。結果は着外(当時フランスでは11着以下は記録されなかった)。以来、72年にメジロムサシが18着、86年にシリウスシンボリ14着と、爪跡も残すことができず、凱旋門賞制覇は夢のまた夢、遠い世界の出来事と見られるようになった。

 それが日本競馬にとっても現実的なものとして近づいたのが、99年に挑戦したエルコンドルパサーだった。3歳時にジャパンカップを制し、翌年春からフランスへの長期遠征を敢行。GIイスパーン賞2着、GIサンクルー大賞1着、GIIフォワ賞1着を経て臨んだ凱旋門賞で、当時の3歳最強馬モンジューと死闘の末に2着となった。敗れはしたものの、日本調教馬にとって凱旋門賞制覇が決して夢物語でないことを実感させた一戦だった。

 以来、多くの経験を重ね、遠征スキルをブラッシュアップさせつつ、競走馬レベルも底上げしながら、厚い壁に挑んできた。延べ19頭が挑んだ中には、日本ダービー馬が延べ5頭含まれており、さらに2000年以降に三冠馬になった2頭、ディープインパクト、オルフェーヴルもこれに含まれている。

 ディープインパクトが出走した06年の凱旋門賞はわずかに8頭立て。舞台となったロンシャン競馬場には、日本の調教馬による凱旋門賞制覇の瞬間をひと目見ようと、多くの日本人競馬ファンが詰め掛け、前年の勝ち馬ハリケーンラン、2着馬シロッコらを抑えて、1倍台の単勝オッズに支持された。しかし、結果は前哨戦のGIIニエル賞を制した3歳牡馬レイルリンクが勝利。ディープインパクトは、6歳牝馬のプライドにも差されて3着入線となっただけなく、後に禁止薬物が検出されて失格となった。

 エルコンドルパサーと同じ二ノ宮敬宇調教師、蛯名正義騎手のコンビで臨んだ10年のナカヤマフェスタは、9番人気という低評価ながら、その年の英国ダービー馬ワークフォースと壮絶な叩き合いに持ち込み、アタマ差にまで迫った。宝塚記念を勝って充実期にあったとはいえ、日本では決して超A級レベルの実績でなかったナカヤマフェスタがここまで好勝負に持ち込めたことは、日本の競走馬全体のレベルが十分に高まったことを象徴させるものだった。

 エルコンドルパサー以上に、その重い扉を開ける瞬間に近づいたのが12年に挑戦した4歳のオルフェーヴルだった。ディープインパクトと同じく前年の三冠馬で、前哨戦のフォワ賞を快勝しコースも経験。鞍上には凱旋門賞を2勝しているクリストフ・スミヨンを配し、レース中のサポート役としてアヴェンティーノを出走させて、これ以上ない万全の態勢と条件を揃えてレースに挑んだ。

 直線を向いて、他の17頭とまったく異なる抜群の手応えで馬群の外を突き抜けるオルフェーヴル。直線半ばで先頭に立ち、勝つときはこんなにあっさりしたものなのかと思わせた刹那、内に切れ込みながら急ブレーキがかかったように失速すると、一旦は交わしたはずのソレミアに差し返されるという、世界でも類を見ないレース展開でつかみかけた栄光を逃してしまった。オルフェーヴルは翌年も同じようにフォワ賞勝利をステップに臨むも、今度は後に連覇を果たすトレヴのロングスパートの前にまたしても2着に敗れてしまう。その年の日本ダービー馬による初めて出走となったキズナも力及ばず4着だった。

 今年、マカヒキはこれらの名馬を越えなければならない。何しろ、凱旋門賞そのものが、ヨーロッパ以外の調教馬による勝利そのものがないという歴史を持つ。

 これまでの先達の経験を踏まえて、前哨戦のニエル賞から始動。5頭立て、しかもGI勝ち馬はマカヒキのみというメンバーを相手に、右後脚を落鉄しながら、きっちりと測ったかのように差し切り勝ちを収めた。同じステップで臨んだキズナが、ニエル賞で同年の英国ダービー馬ルーラーオブザワールドら強敵を相手に勝利したのと比べて、確かに相手は楽だった。一方で、本番に向けて余裕すら感じさせる勝利でむしろ消耗は少ないといえる。鞍上にはフランス出身のクリストフ・ルメール騎手を配して、より勝利の条件を高めた。10年前、マカヒキの父であるディープインパクトを外から差して2着となったプライドの手綱を取っていたという奇妙な因縁もある。

 ルメール騎手にとっても、02年に2番人気のセンシブルで初騎乗、11年には1番人気のサラフィナで挑みながら7着に終わるなど、未だ勝利のない凱旋門賞は悲願中の悲願だ。昨年、JRAの通年免許を取得した際に「日本調教馬で凱旋門賞を勝ちたい」とも口にしていただけに、俄然力の入る一戦となるだろう。37歳のルメール騎手にとって、近年、凱旋門賞を初めて制する騎手の大半が30代前半までの年齢だったというデータ(過去30年では、35歳以上で初勝利は05年のキーレン・ファーロン40歳、04年のティエリ・ジレ35歳のみ)の壁もある。

 人馬ともに越えるべき壁は高く、分厚い。しかし、追い風となる要素もある。強力なライバルの1頭と目されていたフランスの無敗の3歳牝馬ラクレソニエールがレースを1週間後に控えたところで回避を表明。ここまでGIを6勝しているクールモアの3歳牝馬マインディングも凱旋門賞に向かわないことが明らかになった。また、今年はロンシャン競馬場の改修に伴って舞台を移すシャンティイ競馬場は、マカヒキと同じくディープインパクトを父に持つエイシンヒカリが、今春GIイスパーン賞で後続をぶっちぎる快勝を演じた地である。

 今回より発売される馬券的見地では"うまみ"がないかもしれないが、それは別として、「今年こそ」がここで果たされるのか。日曜日深夜まで目が離せない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu