プロテインなしでも大丈夫!筋トレの効率をアップする食事法

写真拡大 (全4枚)

筋肉をつけることは、引き締まったボディにしてくれるだけでなく、代謝をアップして痩せやすい体にしてくれる効果もあります。そして、筋肉をつけるにはやはりたんぱく質が必要となります。今回は、筋肉量アップにおすすめな食べ物をご紹介します。

筋肉にたんぱく質は必須

筋肉量をアップするためには、人体を構成しているたんぱく質を摂取する必要があります。
そのたんぱく質は、約20種類のアミノ酸でできています。
その中には必須アミノ酸と呼ばれ、体内では生成することができないアミノ酸もあるため、食事で補うことが必要です。

たんぱく質といえば、牛肉や豚肉などの肉類が一番わかりやすいですよね。
しかも、これらは必須アミノ酸を効率良く摂取することができるのです。

 

コレステロールに注意

しかし、肉類ばかりを食べていると悪玉コレステロールが増え、動脈硬化や心筋梗塞の原因となります。
そのため肉類だけでなく、大豆製品でもたんぱく質を摂取するようにしましょう。

 

タウリンを摂取

肉類を食べ過ぎてしまったときは、タウリンを含む食事を一緒に摂ると良いでしょう。
タウリンには、コレステロースを減少させ胆石を溶かす効果があります。

このタウリンは、牡蠣やハマグリなどの貝類、タコやイカに多く含まれていますよ。

出典:ウェルク

 

油分は不飽和脂肪酸で

肉類を料理するときは油にも注目してみましょう。

油には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸がありますが、体にも筋肉にも良いのは「不飽和脂肪酸」です。
不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減らす働きや、脂肪を燃焼させる働きがあります。
また、筋トレ後の筋肉の回復や関節にも良いと言われています。

火を使う料理にはごま油やなたね油、ドレッシングとして使うならオリーブオイルやエゴマ油がおすすめです。
また、魚に含まれるDHAやEPAをサプリで補うのも良いですよ。

出典:ウェルク

 

ミネラルも欠かせない

たんぱく質を摂取したからと、張り切って筋トレをすると骨折などのけがをする恐れがあります。
筋トレは、筋肉だけではなく体全体に負荷がかかります。

そのため、カルシウムやリンで骨を丈夫にし、鉄分によって貧血を予防することが大切です。
たんぱく質だけでなく、ミネラルも摂取できる食事を心がけましょう。

出典:ウェルク

 

いかがでしたか?
筋トレの効率をアップさせるためには、結局バランスの良い食事が必要ということですね。
普段からバランスの良い食事を心がけ、キレイな筋肉を作りましょう。