髪を結んで寝ると髪の健康に悪い?

写真拡大

女性でロングヘアの方は、寝る前に髪を結んでいるという方も多いですよね。
しかし、睡眠時に髪を結ぶことで髪や頭皮に何か影響はあるのでしょうか。
今回は、髪を結んで寝ることのメリット・デメリットについてご紹介します。

髪を結んで寝るメリット

就寝前に髪を結ぶことによるメリットは、睡眠時に髪が邪魔にならないという点です。
自分の顔に髪の毛がかかることや、布団の中で髪がばらけて寝返りの際に引っ張られることもないので、そういった睡眠時のストレスも解消されます。

スキンケアなどで顔にローションやクリームを塗って寝る方もいると思いますが、そんな時は髪の毛がくっつきやすいので結んだ方が良いでしょう。

また翌朝のスタイリングをしやすくする効果もあります。
髪をそのままにして寝ると、寝返りによる寝癖で頑固なうねりができてしまうこともありますが、髪を結ぶことで摩擦を防ぎ寝癖やうねりを予防できます。
摩擦を防ぐことは、髪の毛のキューティクルが剥がれてしまうのを防ぐ効果もあります。

髪を結んで寝るデメリット

本人がストレスに感じなければ問題ありませんが、ゆったりしたパジャマなど拘束感を解いた状態で寝るのに髪の毛だけ縛るということで、人によってはストレスに感じることもあります。

また結び方にもよりますが、分け目が固定されることでクセ付けされることがあります。
翌朝のスタイリングでこの分け目を利用できればよいですが、そうでない場合は修正に時間がかかるかもしれません。
そして固定することは髪の毛自体にも多少のストレスがかかります。

きつく結んでしまうとその部分に長時間の物理的刺激が作用することになるので、髪を傷める原因になります。
また髪の根元に近い位置で多めの髪をまとめると毛根に牽引力が加わるため、長期間続くと毛根のダメージから牽引性脱毛の原因になることがあります。

髪を結んで寝る際の注意点

髪の毛への物理的なストレスをできるだけ避けるため、髪をまとめる際にはきついゴムの使用は避けるようにしましょう。
摩擦の少ない素材でできたシュシュなどを使用すれば髪の毛へのストレスを減らすことができます。

また毛根への牽引力を働きにくくするために、髪の根元に近い位置で多めの髪をまとめることはできるだけ避け、根元から遠い位置でまとめる方が無難です。
何度か試してみて、「引っ張られる感」がなくなるような結び方を研究してみましょう。