「山賢人メモリアルBook『Scene#20』」より

写真拡大

 山粼賢人(22)と広瀬すず(18)がW主演を飾った映画、『四月は君の嘘』(9月10日公開)の評価がイマイチだ。特に原作ファンを中心に怒りを買っている。また山粼賢人は2017年も漫画原作の実写映画を予定しており、立て続けの実写化作品出演にウンザリするファンの声が広がっている。

■いつもの“原作ファン置き去り”展開で低評価ズラリ

 元・天才ピアニストと個性派ヴァイオリニストが切磋琢磨する『四月は君の嘘』。実写映画では、山粼と広瀬がそれぞれの担当楽器を猛特訓したエピソードなどで話題になった。しかしいざフタを開けてみると、12日に発表された興行収入調べ(興行通信社)では初登場3位。4位に入った同じく初登場の『超高速!参勤交代 リターンズ』に勝てど、物足りない結果に終わった。

 大手映画評価サイトでは賛否両論。もはや物議をかもす作品で恒例となった“最高評価と最低評価の戦い”が繰り広げられ、中でも原作ファンは「原作破壊だ」「期待外れ」と憤る人が少なくない。

「『シン・ゴジラ』と『君の名は。』が大ヒット中なのにその波に乗れず、見事に悪評だらけ。敗因の一つはやはりムリな編集。漫画で全11巻、アニメで全22話ある内容を2時間の枠に収めようとするのは厳しい。結果的には、人気の役者で客を呼び込み、原作ファンを置き去りにする“いつものパターン”でした」(報道関係者)

■2017年も実写化作品に出演“爆死請負人”の地位を確立?

 演技面で集中砲火を浴びているのが山粼だ。悪評は『四月は君の嘘』にとどまらず、メインキャストの一人として出演した月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)も、視聴率7%台を記録するなど低迷。山粼は「演技下手すぎて見てられない」などともっぱらだ。

 2017年にも山粼は、『一週間フレンズ。』や『斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのさいなん)』など人気漫画を原作とする実写映画への出演を次々予定。立て続けに実写化作品に出演するだけに「これだけ続くと、興味なかったのに、嫌いになってくる」「実写(化)専門俳優」とウンザリした声も広がっている。

「注意が必要なのは『斉木楠雄のΨ難』。主人公の斉木楠雄は沈着冷静で感情の動きが少なく、声のトーンがあまり変わらない。棒演技の山粼さんでも何とか演じられるはずですが、コメディー要素の強い作品なだけに、主人公の冷静なツッコミで笑いを取るという演技に失敗すれば、かなりお寒い評価になるでしょう。山粼さんはどこかのタイミングで1、2年、厳しい演出家の舞台作品に出まくって“演技修行”でもしないと、新しい若手のイケメンが出てきたら今の地位をすぐ奪われる」(前出・関係者)

 山粼は、このまま『四月は君の嘘』や月9ドラマの不評っぷりに後押しされて、“爆死請負人”の地位を固めていくのか。そしてファンに「将来消えそう」とまでささやかれている現状を、自身の演技で打破できるのか。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。