豪華グラドルたちが水着でランウェイウォーク

写真拡大

 グラビアアイドル・杉原杏璃の自伝的小説を映画化する「……and LOVE」の撮影が9月14日、都内のライブハウスで行われ、主演も務める杉原をはじめ、森下悠里、倉持由香ら総勢9人の豪華グラビアアイドルが一堂に会した。原作者で主演の杉原は、「最高の1日と言っていいくらい素敵なシーンでした」とコメントしている。

 25歳でグラビアアイドルとして活動を始め、30歳を過ぎた主人公のアンリが、本当の自分とは何なのかを自問自答しながらも、友人に支えられ、嘘のない生き方を求めて奮闘する日々を描く同作。この日の撮影は、グラビアアイドルたちがランウェイを歩くという、映画の中でもクライマックスにあたるシーンで、杉原、森下、倉持のほか、佐山彩香、倉持由香、天木じゅん、鈴木ふみ奈、大貫彩香、手塚穂奈美がズラリ勢揃い。公募で集められた300人のファンを前に華麗な水着姿を披露し、撮影現場は熱気に包まれた。

 同シーンの撮影を終えた杉原は、「第一線で活躍しているグラビアの子たちが、この映画のために友情出演で集まってくれて、出てくれたこと自体が、嬉しくて。みんなに支えられて出来たので、映画の中で、最高の1日と言っていいくらい素敵なシーンでした」と胸を熱くさせている。

 「……and LOVE」は2017年3月公開。