老けて見える!?気になる目の下のふくらみの原因とは?

写真拡大

ふと鏡を見たら、目の下にポッコリふくらみが…目の下にたるみがあるとどうしても老けて見えてしまいますから、何とか改善したいと思うことでしょう。ここでは目の下のふくらみの原因と解消法についてご紹介します。

一番多い原因は老化

加齢とともに目の周りにある筋肉が衰えてしまうと、脂肪の重みで皮膚がたるみ、目の下がふくらんでしまいます。

お肌のコラーゲンやヒアルロン酸が十分なら肌にハリが出てたるむことはありませんが、年齢とともに減少してしまうので、仕方のないことかもしれません。ちなみにたるみの問題は顔全体に言えることなのですが、どうしても目の周りの皮膚は薄くデリケートなので、たるみが出やすくなるのです。

眼窩脂肪がふくらんでいる

たるみ以外の原因としては、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が年齢を重ねるとだんだんと飛び出すようにしてふくらみ、皮膚をたるませることがあります。眼窩脂肪がふくらむとそれが影になってクマができているように見えるので、たるみとクマのダブルパンチになってしまします。

目の下のふくらみはどうしたらいい?

目の下のたるみ改善が期待できるのは顔の筋トレです。目の周りの筋肉を鍛えることでハリがアップし、たるみを抑えたりできるそう。

目をギュッと閉じたり、上下左右に目を動かしたりと、さまざまな筋トレがあるのでぜひ挑戦してみてください。また、眼窩脂肪によるふくらみは眼精疲労で悪化する可能性があるということですから、長時間のスマホなどは注意してくださいね。

最後に、目の周りは刺激に弱いので、あまり強く触れたり押したりしないよう日頃から注意しておくことも大事です。