ビリー・クラダップ

写真拡大

世界中で最も知られるヒーロー、バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックスが贈るプロジェクト、"DCフィルムズ"。このほど、同プロジェクトで2018年3月に全米公開予定の映画『The Flash(原題)』に出演する新たなキャストが明らかになった。米Varietyが報じている。

ワーナー・ブラザースからの正式なコメントは出ていないが、関係者の情報によると、主人公バリー・アレン(エズラ・ミラー)の実の父親をビリー・クラダップ(『ウォッチメン』)、米CWのTVシリーズ版ではバリーの幼なじみとして登場するアイリス・ウェスト役をカーシー・クレモンズ(『DOPE/ドープ!!』)が演じることになるという。脚本はセス・グレアム=スミス(『リンカーン/秘密の書』)が執筆し、監督はフィル・ロード&クリス・ミラー(『LEGO(R)ムービー』)のコンビが務める。

撮影が年内にスタート予定の映画版『The Flash』で主人公を演じるエズラ版の"フラッシュ"は、今年3月に公開された『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』にすでに登場しており、来年公開される『Justice League(原題)』にも参加する。

すでに『ウォッチメン』のジョン・オスターマン/ドクター・マンハッタン役でDC映画を経験しているビリーは、今年度のアカデミー賞で作品賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』にも出演していた。(海外ドラマNAVI)