エリザベス・オルセン Photo by Jason LaVeris
/FilmMagic/Getty Images

写真拡大

 ジェイソン・サダイキスとエド・ハリスが親子役で共演する新作ロードムービー「コダクローム(原題)」に、エリザベス・オルセンが出演することが決定した。

 英エンパイア誌によれば、本作は2010年に米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された、ジャーナリストA・G・サルツバーガーによる記事「For Kodachrome Fans, Road Ends at Photo Lab in Kansas」をもとにした作品。映画は、コダックのフィルム「コダクローム」の生産終了が決まり、カンザス州に唯一残る閉鎖目前のラボで写真を現像するため、ロードトリップに出かけた父(ハリス)と息子(サダイキス)を描く。なお、オルセンの役どころは明らかになっていない。

 ジョナサン・トロッパーの脚本をもとに、14年の映画「Copenhagen(原題)」で高評価を得たマーク・ラソがメガホンをとる。撮影は、カナダ・トロントですでにスタートしている。