死神なのに優雅!
沢城みゆきがアーマに命を吹き込む (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

 「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」に登場する死神・アーマの声を、「ルパン三世」シリーズの峰不二子役などで知られる声優・沢城みゆきが担当していることが発表された。あわせて、特報第2弾に一瞬姿を現したものの、謎に包まれていたアーマの詳細が明らかになった。

 アーマは、メガホンをとる佐藤信介監督からの「色気と美しさのある死神」という要望で、ビジュアルは原作やアニメ版に登場する死神・シドウを基に作られた。仕草や話し方が優雅で、性別は人間に置き換えると“女性”。死神の友達を持たず、人間にシンパシーを感じているようなキャラクターであり、好物はマスカットだという。

 沢城は、「なんとも豪華な俳優陣のなかに、恐縮ながら参加させていただくことになりました」と共演者たちに最敬礼。また、作り込まれたキャラクター像について、「死神ってこういうもの、という何か共通項があるのかなと思っていたら、私たち人間同様、本当に三“神”三様だったのが印象的です」と語っている。

 映画の舞台は、デスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月と、世界的名探偵Lの命をかけた対決から10年後の世界。地上にもたらされた6冊のデスノートをめぐり、デスノート対策本部特別チームのエース捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を受け継ぐ天才・竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)が頭脳戦を繰り広げる。

 「デスノート Light up the NEW world」は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。10月29日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。