アニメ化が決まった「ひなこのーと」 (C)三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

写真拡大

 創刊1周年を迎えた「月刊コミックキューン」(KADOKAWA刊)で連載中の、三月氏による4コマ漫画「ひなこのーと」がテレビアニメ化されることが決定した。

 同作は、人と接するのが苦手だが、動物には懐かれる田舎住まいの少女・ひな子を主人公とした演劇コメディ。高校で演劇部に入り、口下手であがり症な自分を克服しようと考えたひな子は、意気込んで上京してくるが、入学した高校の演劇部はすでに廃部になっていた。そんなひな子が、下宿先となる古本屋兼喫茶店兼アパートのひととせ荘で、お気に入りの本を食べてしまう癖を持つ少女くいな、いつもメイド服を着ている喫茶店の従業員・真雪、元演劇部員で大家の千秋ら、個性的な仲間たちとともに演劇に取り組む日々を描く。原作単行本は最新第2巻が発売中。各巻600円(税抜き)。