iPhoneやXperiaでもデジカメの高画質な写真が簡単に転送できる! Wi-Fi付きカードリーダーが凄い

写真拡大

今や写真はiPhoneやスマホで十分という人も多い。
しかし、記念の旅行や、大切な思い出となる旅では、高画質な写真が残せるデジカメを使いたいと言う人も、まだまだ多い。

しかし、デジカメは高画質だけど、スマホのように手軽にSNSにアップできない。
Wi-Fi対応のデジカメや、Wi-Fi搭載SDカードなどもあるが、どれもカメラのバッテリーを消耗したり、操作が面倒だったりするなどデメリットがある。

そこでおすすめなのが、カメラのバッテリーを使わない「Wi-Fi付きカードリーダー」だ。

●Wi-Fi付きカードリーダーが便利!
デジカメにWi-Fiが搭載している場合、iPhoneなどへ手軽に写真の転送ができる。
しかし、
・デジカメのバッテリーが早く減ってしまう
といったデメリットがある。

それを解決するのが、「Wi-Fi搭載カードリーダー」だ。
これは、その名の通りカードリーダーにWi-Fi機能を搭載させたものだ。
さらに、カードリーダー本体にバッテリーを搭載させているため、スマホとWi-Fi連携させてもデジカメのバッテリーは減らないのだ。

使いかたはいたって簡単。
・カードリーダーにデジカメのSDカードを挿す
・カードリーダーの電源をオンにしてスマホと接続
・専用アプリを使って写真を転送
たったこれだけでデジカメの写真をスマホへ移動できるのだ。

iPhoneのみならず、iPadなどのタブレットや、Androidスマホにも対応しているため、幅広い機器で使える。

●NFC対応モデルもある
Wi-Fiカードリーダーは便利だが、スマホとWi-Fi接続するのが面倒そうという欠点もある。

そんなときに便利なのが、NFC搭載Wi-Fiカードリーダーだ。
Xperiaなど、NFC搭載Androidスマホであれば、
・スマホのNFCをオンにする
・スマホのNFCマークとカードリーダーのNFCマークをタッチする
たったこれだけでWi-Fi接続設定が完了してしまうのだ。

また、NFCを搭載していないスマホでは、QRコードを読むことでWi-Fi設定が完了する。

機械が苦手なひとでも、いちいちWi-Fiの設定項目を出すことなくカードリーダーとスマホを連携できる。
また、スマホの充電も可能なモバイルバッテリー機能も搭載されているモデルも存在する。

カードリーダーの電源をオフにすることで、普通のUSBカードリーダーにもなるため、パソコンで読み取るときは、ケーブルで接続すると良いだろう。

デジカメやSDカードのWi-Fi機能も良いが、さらにわかりやすい「Wi-Fi搭載カードリーダー」を持っておくと、出先での写真投稿がさらに便利になることだろう。

無線でSDカードにアクセス!モバイルバッテリーにもなるWi-Fiストレージ
布施 繁樹