プロデュースも兼ねるアン・ハサウェイ Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic

写真拡大

 アン・ハサウェイが、女優・作家ジェニー・モレン著のベストセラー本「Live Fast Die Hot(原題)」を映画化する新作に主演することがわかった。

 米ワーナー・ブラザースが映画化権を獲得した原作は、ニューヨーク在住のモレンの実体験を綴ったエッセイで、今年6月に出版された。2年前まで愛する夫とともに自由でエキサイティングな人生を満喫していたモレンが、息子を出産したことで生活の優先順位が一変し慌てふためくさまを、ユニークなエピソードとともに振り返っている。

 映画版はモレンが製作総指揮を務め、ハサウェイが主演のほかゲイル・バーマンとプロデュースも手がける。

 モレンは、女優として映画「ラブ・アゲイン」やドラマ「GIRLS/ガールズ」などに出演しており、作家としても2014年に出版した「I Like You Just The Way I Am(原題)」がベストセラーを記録。私生活では俳優ジェイソン・ビッグス(「アメリカン・パイ」シリーズ、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」)と結婚している。