Uberの損失額が1276億円になったワケ ドライバーに対する補助金の巨額化

ざっくり言うと

  • Uberが2016年上期の損失額として約1276億円の赤字を記録した
  • 巨大な損失のほとんどはドライバーに対する補助金によるものだという
  • 2015年上期には約2726億円をドライバーに支払ったことが明らかになっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x