ブリトニー・スピアーズ

写真拡大

人気ポップスター、ブリトニー・スピアーズのこれまでの人生を描くTV映画が製作されることが明らかになった。大人気犯罪捜査ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』で監督を務めるレスリー・リブマンがメガホンを取り、ブリトニーがキャリアを通して経験してきた栄光と挫折を描いていくという。米Varietyが報じている。

アサイラム・エンターテイメントが製作するこのTV映画『Britney(原題)』では、主演のブリトニー役をナターシャ・バセット(『ヘイル、シーザー!』)が演じる。脚本はアン=マリー・ヘス(『Perfect Sky』)が執筆し、製作総指揮はスティーブ・マイケルズ、ジョナサン・コッチ、ジョーン・ハリソンなどが務める。ブリトニー自身が本作に参加する予定はなく、撮影は9月19日からカナダのバンクーバーにてスタートする。2017年に放送予定。

映画ではブリトニーの人生に焦点を当て、トップスターに昇りつめるまでの過程や、カメラの前に立つ姿だけでなく彼女の日常生活の様子も描くという。さらに、ジャスティン・ティンバーレイク(『TIME/タイム』)や、ジェイソン・アレクサンダー(『リーガル・バディーズ フランクリン&バッシュ』)、ケヴィン・フェダーライン(『One Tree Hill』)との過去の恋愛についても触れるようだ。

ブリトニーは8月26日(金)に9枚目のアルバム「Glory」をリリース、また今年のMTV Video Music Awardでパフォーマンスすることがすでに決定している。(海外ドラマNAVI)