コビー・スマルダーズ

写真拡大

大人気コメディドラマ『ママと恋に落ちるまで』のロビン・シェバツキー役で知られるコビー・スマルダーズが、ニコラス・ストーラー(『ネイバーズ』)とフランチェスカ・デルバンコが手掛けるNetflixの新作コメディシリーズ『Friends from College(原題)』に出演することが明らかになった。米Deadlineが報じている。

本作は、共にハーバード大学で学んだ友達グループが、仕事でも家庭でも様々な成功や失敗を経験する40代の現実に直面していく姿を追ったコメディ。古い友好や昔の恋人とのもつれなど複雑に絡んだ人間関係や、昔を懐かしむことでバランスを保ちながら生活する大人の現実を描いていく。出演者には主演のキーガン=マイケル・キー(『FARGO/ファーゴ』)をはじめ、アニー・パリッセ(『パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット』)、ナット・ファクソン(『Ben & Kate』)、フレッド・サヴェージ(『モダン・ファミリー』監督)らが名を連ねている。

本作で脚本と製作総指揮を担うストーラーとデルバンコは、互いにハーバード大学出身の夫婦。ストーラーは全8話の監督も務める。撮影は今秋からニューヨークで行われる。Netflixのオリジナルコンテンツ部門代表のシンディ・ホランド氏は、「ニックはコメディを牽引する人です。大学からの友人である彼とフランチェスカは、感動的で本当におもしろい世界を描いています」と、コメントしている。

『ママと恋に落ちるまで』で主要キャラクターの1人であるロビン役を演じていたコビーは、マーベルの大ヒット映画『アベンジャーズ』でエージェント・マリア・ヒル役を演じたことでも知られており、米ABCで放送されているスピンオフドラマ『エージェント・オブ・シールド』にも出演していた。(海外ドラマNAVI)