高畑裕太容疑者の酒癖の悪さは業界内でも有名だった

写真拡大

《親バカでありんす》という言葉と共に、膝をついて謝罪ポーズ──。高畑淳子(61才)のブログでは、わが子の出演作をひとしきり宣伝した後、こんなふうに締めることが恒例になっていた。さりとて、今回ばかりはおちゃめな謝罪で済みそうにはない。

 8月23日、高畑の息子で俳優の高畑裕太容疑者(22才)が強姦致傷の疑いで逮捕された。同日未明、ロケ先で滞在していた群馬県前橋市のビジネスホテルの客室で、40代の女性従業員の手足を押さえつけて強姦、指にけがを負わせたという。

「被害女性は、裕太容疑者の依頼で備品の歯ブラシを部屋に届けに行った際、いきなり手首を捕まれて部屋に引きずり込まれたそうです。彼女の知人男性が110番通報し、県警が事情を聞いたところ容疑を認めたため、御用となった。当夜は相当飲んでいたといいます」(全国紙記者)

 裕太容疑者は警察の取り調べに対し、「女性を見て、性欲を抑えられなかった」と答えているという。

 NHK朝ドラ『まれ』の主人公の幼なじみ役でブレークし、現在放送中の連ドラ『仰げば尊し』(TBS系)をはじめ、バラエティーや舞台など引っ張りだこ。礼儀正しくさわやかで、母想いの注目若手俳優――そんなイメージは、今回の逮捕劇で霧散した。

 高畑は2人目の夫との間に長女のこと美(29才)と裕太容疑者を生んだ後、離婚。女手一つで2人の子供を育ててきた。

「特に裕太さんは手がかかったそうです。3才からアトピーと闘い、中学時代は淳子さんが“魔の反抗期”と話すくらい、毎日怒鳴り合いのけんかをしていたそうですから。高校に上がり野球に熱中するようになると、だいぶ落ち着いたようですけどね」(高畑家を知る芸能関係者)

 卒業後、短大に進学した裕太容疑者はバンド活動を開始、俳優業にも興味を示し始めた。

「高畑さんは全ての撮影現場に裕太さんを連れて行き、挨拶して回っていました。“音楽活動もしているのでぜひ見てやってください”と売り込みまくりで、スタッフも苦笑いでしたね。裕太さんがオーディションを受けるたびに、自分の息子がどれだけすばらしいかを周囲に猛アピールしてきたそうです」(前出・芸能関係者)

 冒頭のように、高畑のブログには、息子の出演番組の宣伝・感想がたびたび綴られてきた。

《息子、高畑裕太は本日21時〜『あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない』に出演いたします。入魂の作品であります》
《我が息子、高畑裕太の芝居に胸打たれます…》

 だが、高畑の宣伝活動をよそに、裕太容疑者の“悪癖”は業界内でじわりと広がっていた。

「酒癖の悪さです。もう最悪。バンド活動時代から、飲んで暴れることも、酔いつぶれて路上に寝ることも日常茶飯事。テレビのディレクターと一緒に女の子のいる店に行った時も、酒が入るやいきなり脱ぎ始めて女の子に抱きついたり…。自分でも“おれ、酒癖悪いんですよ、ははは”とか言ってましたけど、周りの人間からすると笑いごとじゃねーよって感じで。最近、事務所の方からも禁酒令が出ていたそうです。連ドラ出演中に、下手なことされたら困るってことで」(別の芸能関係者)

 その懸念通りの最悪の結末。収録済み番組の出演部分はカットされる方向で、番組パーソナリティーを務める予定だった8月27日放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)の公式HPからも、裕太容疑者の名前が消えた。

 逮捕の一報を受け、高畑の自宅にはメディアが殺到したが、“家”を巡っても彼女の苦悩は深い。

「高畑さん、今、都内の一等地に新居を建築中なんです。“子供たちと一緒に暮らせるように”って、内装にもすごくこだわっていて。引っ越しを楽しみにしていたんですが、まさかその直前に息子が逮捕されるとは…」(前出・芸能関係者)

 裕太容疑者は過去、インタビューでこんな話をしていた。《僕は神様とか運命とか信じるほうで、ある意味、自分の運を信じている》。一家を絶望させる愚行には、神も運も見放すほかない。

※女性セブン2016年9月8日号