名曲がよみがえる?
 - JB Lacroix / WireImage / Getty Images

写真拡大

 テレビ映画としてリメイクされる『フォエバー・フレンズ』に、テレビドラマ「サード・ウォッチ/NY事件ファイル」のニア・ロングがキャスティングされたとDeadlineなどが報じた。

 ベット・ミドラーとバーバラ・ハーシーが主演した映画版は、1957年に夏のアトランティック・シティで出会った2人の少女の30年にも及ぶ愛と友情の関係を描いた感動作品となっている。

 ベットが務めたCC・ブルーム役には、映画『アナと雪の女王』でエルサの声を担当したイディナ・メンゼルがキャスティングされたことがすでに発表されているが、ニアはバーバラがふんした親友のヒラリー役に抜てきされたとのこと。

 テレビ映画版は現代のベニスビーチが舞台になり、名曲「愛は翼にのって」(原題:Wind Beneath My Wings)や「ザ・グローリー・オブ・ラブ/ The Glory of Love」などもフィーチャーされるという。(澤田理沙)