セバスチャン・スタン 写真:Splash/アフロ

写真拡大

 マーベル映画「キャプテン・アメリカ」シリーズのバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役で知られる俳優セバスチャン・スタンが、シャーリイ・ジャクスン著の小説「ずっとお城で暮らしてる」の映画化企画に、主演することが決まった。マイケル・ダグラスがプロデュース、ステイシー・パッソンが監督を務める。

 “魔女”と呼ばれた異色の作家ジャクスンが1962年に発表した原作は、4人の家族が毒殺されたブラックウッド家の生き残りである少女メリキャットと姉コンスタンス、伯父ジュリアンが、人目を避け静かに暮らしていたところ、疎遠だった従兄チャールズの来訪により、一家の秘密が明らかになるというゴシックホラー。米ハリウッド・レポーターによれば、スタンはチャールズ役を演じるという。

 撮影は、アイルランド・ダブリンで撮入している。