人目も気にせず戦没者慰霊碑に放尿した42歳女(出典:www.worldwideweirdnews.com)

写真拡大

「貧すれば鈍する」これは生活苦が続くあまり心の余裕がなくなり、次第に精神活動が愚鈍になることを言う。また同時に攻撃性が強くなってくる者も少なくない。このたび、英エセックス州で幼い子供たちの目の前で常軌を逸した行動をとった母親が逮捕された。

幼い子を5人育てているものの失業中。エセックス州サロックのグレーズという町で、42歳のケリー・マーティンという女が今年6月下旬に戦没者慰霊碑にて放尿し、「公序良俗に反する」として逮捕された。白昼堂々トップスをたくし上げ、ズボンと下着を下ろし、白く大きな尻を露出させて排尿。その姿はただ醜いとしか言いようのないもので、幼い子を連れて通りがかった女性は慌てて子供の目を覆ったほど。ケリーは同じことを今年4月中旬にも行っていたことがわかっている。

真っ赤なケシの花に囲まれて立っているその慰霊碑は“ソンムの戦い(Battle of the Somme)”で死没した兵士らの魂を慰めるためのもの。1916年7月からフランス北部のソンム河畔で展開された第一次世界大戦最大の会戦で、約50万人の英国人兵士が死没していた。この戦の勃発からちょうど100年という中でのとんだ愚行である。

逮捕時には大胆不敵な笑みを浮かべながらメディアのカメラにVサインすら作ってみせたケリーだが、このほどその裁判がバジルドン治安判事裁判所にて行われ、「すべて精神疾患とアルコール中毒のせい」という弁護士側の訴えが退けられ、有罪が確定した。量刑は25日に言い渡されるという。

出典:http://www.worldwideweirdnews.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)