『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』

写真拡大

今年度のエミー賞にてドラマシリーズ部門作品賞にノミネートされている米USAネットワークのクライムサスペンス『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』が、シーズン3へ更新されることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

本作は、社会不安障害を抱えた孤独な天才ハッカーのエリオット(ラミ・マレック)がミステリアスな建築家、ミスター・ロボット(クリスチャン・スレイター)に出会い、世界的な革命をもくろむ闇組織の陰謀に巻き込まれていくというストーリー。シーズン1の大ヒットに比べると現在放送中のシーズン2は視聴数が少々下降気味で、今月10日放送の第6話は57万2000人だった。しかしながら、今年1月のゴールデン・グローブ賞テレビ部門で作品賞と助演男優賞を受賞、先日発表されたTV批評家協会(TCA)賞においても最多4部門にノミネートされ最優秀新番組賞に選ばれるなど、各方面から高い評価を受けている。今年のエミー賞では、ドラマシリーズ部門の作品賞、主演男優賞、脚本賞、キャスティング賞の4部門でノミネートされている。

NBCユニバーサルの代表クリス・マッカンバーは、「我々は、限界に挑戦し、文化的な時代精神を捉えた最も優れたテレビシリーズの一つと称される『MR.ROBOT』を誇りに思っています。第2シーズンも折り返し地点ですが、『MR.ROBOT』は新境地を拓き、局の可能性を広げ続けてくれるでしょう」と述べている。

ラミとクリスチャン以外のキャストは、ポーシャ・ダブルデイ(『her/世界でひとつの彼女』)、カーリー・チェイキン(『ラスト・ソング』)、マルティン・ヴァルストロム(『シンプル・シモン』)、グレイス・ガマー(『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』)、マイケル・クリストファー(『SMASH』)など。製作総指揮はスティーヴ・ゴリン(『TRUE DETECTIVE』)とチャド・ハミルトン(『COMET コメット』)が務める。

『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』シーズン3は米USAネットワークにて2017年に放送予定。シーズン1はAXNにて9月19日(月・祝)12:30から日本初放送。(海外ドラマNAVI)