エド・アズナー&ハル・ホルブルック

写真拡大

本国アメリカで来年放送となるシーズン12をもって終了する大ヒット犯罪捜査ドラマ『BONES -骨は語る-』。その締めくくりに、二人のベテラン俳優がゲストとして参加することを米TV Lineが伝えている。

一人は、『HAWAII FIVE-0』のエド・アズナー。1970年代後半から1980年代前半にかけて放送された『事件記者ルー・グラント』などでゴールデン・グローブ賞やエミー賞に何度も輝き、『カールじいさんの空飛ぶ家』のようなアニメーション作品の声優活動でも知られるベテランは、同作でマイク・マンキューゾという名前の、一見親切な人だが裏の顔を持つキャラクターに扮するという。

そしてもう一人は、『ザ・ホワイトハウス』のハル・ホルブルック。エイブラハム・リンカーン大統領を演じた1974年のミニシリーズ『Lincoln(原題)』などで2度エミー賞を獲得したハルは、2007年の映画『イントゥ・ザ・ワイルド』でアカデミー賞にもノミネートされていた。今回の役柄は、ブース(デヴィッド・ボレアナズ)の40年後の姿かと思わせるような、寡黙な海兵隊のベテラン、レッド・フレッチャーとのこと。

12話構成となる『BONES』シーズン12は、米FOXにて2017年初めに放送開始。(海外ドラマNAVI)