韓国では最低賃金をもらえない労働者が増加 取り締まりの緩さが原因

ざっくり言うと

  • 韓国で、最低賃金に満たない労働者が来年に300万人を超える見通しが出た
  • 最低賃金未支給業者に対する取り締まりと処罰の強度が低いためと分析された
  • 韓国銀行は「実効性を高める案を模索する必要がある」と話しているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x