深夜のリオ五輪放送も安心!騒音問題にならない赤外線コードレススピーカーが便利すぎる

写真拡大 (全3枚)

リオ五輪のテレビ中継を通して日本選手の活躍に日本中が盛り上がっていることでしょう。
テレビの前で家族揃って日本選手を応援しているという家庭も多いと思います。

しかし、テレビを見る人が増えるとおきるのが、音量の問題です。

実際、音の聞こえ方は人それぞれで異なるからです。
小さな音でもハッキリ聞き取れる人、聞き取りにくい人、大きな音で聞きたい人など、
実に、さまざまなケースがあります。
さらに、最近人気のdTVやhuluなどの定額動画配信サービスでは、夜に1人で見て楽しむという人も増えており、騒音トラブルにもなりかねません。

そんな悩みを解決してくれるのが、8月26日にオーディオテクニカから発売される、「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズの赤外線コードレススピーカーです。
テレビのリモコンのような操作を手元でできるタイプとシンプル操作の2タイプがあります。

●シーンに応じて選べる2タイプのコードレススピーカー
テレビの電源の入/切、選局、音量調整、消音などの操作が可能な「AT-SP450TV」とシンプル操作の「AT-SP350TV」の2タイプがあります。

両タイプの共通点としては、
・人の声を聞き取りやすくできる2段階の調整が可能な「はっきり音」切り替えスイッチ
・大口径φ52mmのスピーカー搭載
・一定時間テレビからの音声信号がない場合には本体の電源が自動でオフになる
・赤外線コードレス対応(テレビとの距離:最大7m)
・ACアダプターまたは単3電池の使用ができる
・ヘッドフォン出力端子搭載(φ3.5mmモノラルミニジャック)
となり、テレビのリモコンと同じように操作をしたいかどうかで選ぶことができるのは便利ですね。


左が「AT-SP450TV」、右が「AT-SP350TV」

●「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズを使うメリット
家族でテレビを見るときに、「音量が小さくて聞き取りにくい」「家族に気兼ねして音量を上げることができない」などの悩みを解決してくれます。

また、ヘッドフォン出力端子に対応しているので、テレビから離れていてもヘッドフォンを使用して快適に聞くことができるのは便利ですね。


使用シーンのイメージ

ご年配の方や耳の遠い方、赤ちゃんの居るご家庭で使えば、より快適なテレビ生活を送れますね。にゃんこ