民進党の代表戦 対共産や憲法改正への対応で争点があいまいにプレジデントオンライン

民進党の代表戦 対共産や憲法改正への対応で争点があいまいに

ざっくり言うと

  • 民進党代表選をめぐり争点がぼやけつつあると筆者は指摘する
  • 蓮舫代表代行が党内の保守系、リベラル系双方に配慮しているため
  • 前原誠司氏も保守色を封印しており、路線の違いが見えにくくなっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング