バルセロナ、ヴェルメーレンのローマ移籍合意を正式発表

写真拡大

▽バルセロナは8日、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレン(30)のレンタル移籍に関して、ローマと合意に達したことを正式発表した。なお、今回の移籍には買い取りオプションが付随している。

▽アヤックスでプロデビューしたヴェルメーレンは、2014年夏にアーセナルからバルセロナに完全移籍。しかし、バルセロナでは相次ぐ故障に泣かされ、2シーズンで公式戦21試合の出場にとどまるなど、ルイス・エンリケ監督から信頼を勝ち取ることができずにいた。そういう状況もあり、最近では古巣アーセナルやウェストハム移籍の可能性が浮上していた。

▽一方、ローマでは今夏、元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタンやボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエルビン・ズカノビッチをレンタルで放出した上、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがヒザのじん帯損傷によって長期離脱を強いられており、センターバックの枚数が足りない状況にあった。