真剣佑「隠し子騒動」でバレた千葉家の「不協和音」、暴露したのは腹違いの姉?

写真拡大

 現在、放送中のドラマ「仰げば尊し」(TBS系)に出演中の真剣佑(19)。イケメン俳優として世間の女子をトリコにしているが、FRIDAYが報じた「隠し子」の存在でさらに世間の注目を集めている。

 真剣佑は俳優、千葉真一(77)の息子で生まれも育ちもロサンゼルス。FRIDAYによれば、そのロスに5歳の娘がいるというのだ。つまり、14歳で父親になったということに‥‥。しかも、相手はロス在住の既婚女性ということで、驚愕の報道となったのだ。

 芸能プロ幹部が言う。

「2〜3年前から真剣佑に隠し子がいるという話は関係者の間で話題になっていた。どこの社もロスまでウラ取り取材に動かなかっただけ。噂の出所もネットの匿名の書き込みでしたからね。ただ、千葉は頭を抱えていました。『ここまで知っていて、こんな暴露をするのは樹里なんじゃないか』と‥‥」

 この「樹里」とは、千葉の娘でタレント活動をしている真瀬樹里(41)のこと。真剣佑の腹違いの姉である。

「千葉が真剣佑を秘蔵っ子として売り出しにかかっていたのですが、それで樹里が『真剣佑に嫉妬している』と千葉は感じていたようです」(前出・芸能プロ幹部)

 確かに、前述の記事でFRIDAYの直撃取材を受けた真瀬は「何年も会っていない」と冷めたコメントを寄せていた。それに、もう1つ気になるのが、真剣佑をかわいがっていた千葉が何もコメントをしていないことだ。

「真剣佑は本心では千葉を毛嫌いしていました。自分の母親にロクに生活費も渡さず、映画製作に明け暮れていたことを快く思っていなかったからね。特に、千葉を頼らずとも仕事が舞い込むようになって、真剣佑も千葉のもとを離れて暮らしているんですよ」(前出・芸能プロ幹部)

 もとより複雑な家庭環境だったが、「隠し子報道」で千葉家の「不協和音」まで浮上しているのだ。