押井守監督

写真拡大

 押井守監督の特集上映「自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守」が、2017年1月10日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

 今回の特集は、東京国立近代美術館フィルムセンターが、日本のアニメーション映画公開100周年にあたる2017年を祝う第1弾企画。押井監督は、実写とアニメーションを往還、融合する独自の世界観を創造し、今年6月には構想に15年を費やした「ガルム・ウォーズ」を発表。「来たるべき映画の姿」を模索し続ける足跡をたどる。

 今企画は、1980年代以降の日本映画を牽引してきた映画監督が自作の中から上映作品を選定する「自選シリーズ 現代日本の映画監督」の第5弾で、これまで崔洋一監督、大森一樹監督、井筒和幸監督、根岸吉太郎監督を特集し人気を博している。

 特集上映は17年1月22日まで開催。上映作品やイベントなどの詳細は追って発表される。