写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「やらせてやる」風潮の変化
みなさんは「助監督」と聞いて何を思い浮かべるだろうか? TSUTAYAがプロ・アマ問わず映画企画を募集するコンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM(以下TCP)」が昨年に引き続き今年も行われ、先月13日に締め切られた。受賞作には最大で製作費5,000万円(今年度は最低5,000万円)が約束されるという同社の"太っ腹映画愛"が話題になったが、その第1回で準グランプリを受賞したのが、助監督として映画業界に生きる2人の男だった。

加藤卓哉氏は、SNSの"裏アカウント"を持った女性が欲望と理性の狭間で愛に生きる姿を描いた『裏アカ』で「GREEN FUNDING賞」を、一方の片桐健滋氏は、訳あり物件に居住して部屋を浄化することを生業とする無気力女子が主人公の『ルームロンダリング』で「Filmarks賞」を受賞。奇しくも女性の人生を追った2人には、「助監督」としてどのような生き様が貫かれているのか。

両作のクランクインは来年初旬を予定しているという。同じタイミングで映画監督デビューを飾る2人の目には「やっと自分の映画が作れる」という希望の光と共に、決して明るくはない日本映画界の未来も映っていた。

○監督と助監督の間にそびえる"壁"

――あらためまして、昨年の受賞おめでとうございます。撮影はこれからだと聞いています。受賞後で何か変化はありましたか?

片桐健滋(以下片桐):大きな違いは周りの反応のような気がします。僕も加藤くんも演出部出身なので、受賞後も他の現場での仕事があるわけです。悪い言い方になりますが、一応"食いぶち"なので(笑)。やっぱり続けていかないといけない。その中で、ほかの助監督やスタッフとのやりとりを通じて、受賞したことが「うそじゃなかった」と実感しているような感じで。刺激になった人もいるみたいですが、一方で「やらせだったんじゅないか」みたいな声も届いています(笑)。

加藤卓哉(以下加藤):僕も同じです(笑)。周りの監督にも「次はいよいよ加藤が」と自分のいない所で言ってくださる方がいます。受賞したことで、周りの見る目が変わったというか、こんな僕でも演出家の卵として認めてくださる方がいたのは、うれしかったですね。

――助監督は監督になるための近道だと思い込んでいたのですが、現実はそうでもないみたいですね。

片桐:東映、東宝、松竹など、大きな映画会社がスタッフを雇っていた時代がありました。カメラマン、照明、録音、美術、俳優、そして演出。昔であれば、そこから監督になる流れがありました。今では雇われなくなったことでその流れが変わり、われわれは"町場"の人間となりました。"町場"の人間が監督になるためには……プロデューサーとかなり密な関係になるしかないんじゃないですかね。どうですか?

加藤:「この人の下についていれば、いずれ監督になれる」みたいな、エスカレーター方式の道筋がこの業界にはなくなってしまいましたよね。監督と助監督の間にある壁は、果てしなく高く分厚い(笑)。それでも、俳優さんや芸人さんがいきなり監督をやられたりするので、本当に頭打ちなんです。若い子はどんどん辞めていってしまって、このままだと逆三角形型のような業界になりかねない。監督になるのは、本当に難しい時代だと思います。

僕は今37歳なんですが、40歳までに監督になれなかったら、実家に帰ろうと思っていたんです。そういう誓いを立てたのは……一生助監督なんて続けたくないから(笑)。ハリウッドには、助監督を専業としている人はいます。でも、そうはなりたくない……。僕だけじゃなくて、みなさんそういう思いはあると思います。

――助監督はおおまかにどのような仕事なんですか?

加藤:それだけで2時間ぐらい語れますよ(笑)!

――「一生続けたくない」仕事とは、どんなものなんだろうと。

片桐:潰しの利かない仕事なんです。撮影・録音などと違って、技術職ではないので、壮大な素人というべきか…。

大切とされる仕事の中で「スケジュール管理」はその1つとして挙げられます。撮影地の諸々の手配や当日の天候、俳優の予定など、さまざまな条件に左右されながら、決められた予算内でそれらを進めていく。これを「チーフ助監督」が担当しています。

その下の「セカンド助監督」は監督と共に芝居のことについての指示や、衣装やメイクとのつながりとなる役目。さらにその下の「サード助監督」は、主に美術・装飾周りを担当します。そして、その下の「フォース助監督」は、カチンコを打ったり。「助監督」の中には、そういう役割分担があります。

――助監督だけでもそんなに!?

加藤:何人もいるんです(笑)。

――監督になることがどれだけ大変なことか、何となく分かってきました。

片桐:TCPはそのハイエンドであればいいと思います。最終審査を担当されるのは、実際にバジェットを動かしているプロデューサー。本当にその作品が、世に出すのにふさわしいのか。厳しい目で選んでいただけるので、映像業界のプロの方々はぜひ出すべきだと思います。

それとは別に、僕らのように演出家で食べていきたいと考えている若手に、もっと別なチャンスも必要だと思います。例えばNetflix、YouTube、Amazonなどでのオリジナルコンテンツをローバジェットでもいいので、若手に任せる機会を作ってほしい。半分は慈善事業みたいになってしまうので、ビジネスの面から見ても難しいとは思いますが……。そういう意味では、「お金」と「育成」のバランスを上手にとれるプロデューサーが不在というのも、背景にはあると思います。

加藤:昔は連ドラなどで、チーフ助監督に1本撮らせてみようとか、映画の予告編を助監督が作るとか、「やらせてやる」風潮があったんですが、今はほとんど聞きません。単純にコンテストを増やせばいいというわけではないですが、「育てる」「見つける」みたいなチャンスが、もっと増えてくれないと困ります。

●「音楽成金はいても、映画成金は少ない」
○邦画界に忍び寄る"負の連鎖"

――そのほか、日本映画界が抱えている現実問題はありますか。

片桐:監督になられた方は、プロデューサーの方、もしくは脚本家の方と会う機会があるんですよね。でも、それ以外の人間はほとんど。接点がないかもしれません。チーフ助監督になるとプロデューサーや脚本家とは会いますが。脚本家とやりとりして、それをプロデューサーに持っていくような、自分たちでオリジナルコンテンツ作っていけるような互いに意見交換するような下部組織がありません。そういう風通しの良い環境が、昔は映画会社の中にあったんじゃないでしょうか?今ではみんなが単独行動をしていて、横のつながりがない。だから、オリジナルコンテンツを作りにくい状況にあるんじゃないかなと思います。

加藤:TSUTAYAの増田社長がおっしゃっていたんですが、「音楽成金はいても、映画成金は少ない」と。お金がすべてだとは言いませんが、「憧れ」につながるものがあればいいなと。今、業界に残っている人は本当に映画が好きで、根性で残っている人が多い。真剣に映画業界を盛り上げていこうと思ったら、別のところから引っ張ってくることも必要になってきます。でも、呼び込むためにはお金も必要になる。

お金が回る業界になれば多くの才能が集まってくると思うので、そうするとそれが相乗効果になって業界発展につながる。現場のお金が乏しくなり、スタッフが大変になり、映画のクオリティが下がり、若い子が辞めていく……まさにデフレスパイラルのような状態です。今こそ転換しなければならないと思います。

片桐:それから、「映画を映画館で観る」ことが「当たり前」ではなくなってきたことも問題として挙げられます。そもそも、興行した時の映画館の取り分が多すぎるんです……(約50%)。監督と話しているとそういう事情はよく耳にします。

――そんな業界をどうやって盛り上げていきましょうか。

片桐:ドライブインシアターはすでにありますが、僕がいつか見てみたいのが「移動遊園地」のような映画館。お客さんには鑑賞料ではなく入場料をいただいて、中ではいろいろなブースが待ってるんです。子供も遊べるような場所として、休日の過ごし方の1つとして根付かせることができれば、映画も楽しんでもらえそうな気がしませんか? 幼い頃に観たものは大人になっても記憶に残りやすいですし、そうやって子供の興味につながることを最終的にはやりたいと思っています。あれ、TSUTAYAさんならできたりするのか…。

加藤:僕は自分がのしあがっていくことで精一杯ですが(笑)。でもそうやって映画を見てくれる人口が増えないとダメなので、とっても良い試みだと思います。映画は「芸術」と「ビジネス」と半々のものだと思います。ビジネスとして成り立つ映画館以外の仕組みが必要だし、今がその過渡期なんだとは思います。

○TSUTAYA20万ポイントの使いみち

――ところで副賞としてTポイント・20万ポイントが贈呈されたそうですが……やっぱり気になってしまうのは使い道です。

加藤:僕は牛角に行きました。プレゼン映像の撮影に協力してくれたスタッフ全員を呼んで、いちばん高いプレミアムコースを注文。お会計は13万円ぐらいでした。「Tポイントで支払います」と伝えたら、牛角の店員さんも「え、全額ですか?」と二度見され(笑)。残り7万円でエアコンを買いました。

――牛角会は盛り上がりましたか?

加藤:盛り上がりましたね! みんな喜んでくれたというか……なんでしょうね。一人一人にお礼をして回っていたら、時間切れでほとんど肉が食えませんでした。

片桐:僕は、一緒に企画を出した梅本さん(プロデューサー)と半分半分。梅本さんはケルヒャーを買ったそうです。「窓掃除するやつ買った」と聞いて、内心では「なぜこのタイミングで……」と(笑)。僕はこの際、欲しかったDVDを山程買ってやろうと思ってたんですが、ヨドバシカメラに行ったらカミさんが「あっ、電動自転車……」とつぶやいて(笑)。ヤフーショッピングで買ってあげました。価格は16万円。はい。赤字です。まぁプライスレスですから(笑)。

――そんな災難があったとは(笑)。それでは最後に。これから撮影だと思いますが、現在の心境をお聞かせください。

片桐:「TCPの1回目の受賞作が面白かった」と言われるような作品にしたいです。自分のこれからのことは置いといて、自分が賞をいただいたからには、「面白い」と言われるものに何としてもしたい。そしてTCPは来年もあると思いますので、映像にかかわっている人はとにかく出すべきだと思います。

加藤:やっぱり、TCPは僕の人生を変えてくれたと思っているので、それに報いたいというか、恩返ししたい気持ちが強いです。そのためには「面白い映画を作る」ということに尽きると思うので、それに向けて一生懸命がんばりたいと思います。

■プロフィール
・片桐健滋
1979年大阪府生まれ。高校在学中より8mm映画制作を始め、1997年に神奈川映像コンクールで「ice・cream」が入賞。2000年に渡仏し、フランソワ・トリュフォーの編集で知られるヤン・デデ氏に3年間師事。帰国後、フリーの編集を経て、演出部に転向。以降、崔洋一監督、豊田利晃監督、羽住英一郎監督、廣木隆一監督などに師事し現在に至る。

・加藤卓哉
1978年愛知県生まれ。大阪府立大学・工学部卒業後、東京で就職しソニーのエンジニアとして働く。映画業界への転職を一念発起し、経験不問の求人を見て東映株式会社と契約。その後助監督として『劔岳 点の記』『孤高のメス』『わが母の記』『あなたへ』『アゲイン』『くちびるに歌を』など東映以外の作品にも積極的に参加し、現在に至る。

(水崎泰臣)