イマジカ・ロボットホールディングスの連結子会社であるロボットは、ABALに出資することを決定し、VR事業を開始する。ABALが第三者割当増資により新規に発行する普通株式500株をロボットが引き受ける。ロボットが保有することになるABALの議決権割合は33.3%となる。

 ABALは、インタラクティブな映像体験をすることが可能となるVRシステム「ABALシステム」を開発している。同システムは、独自の開発によりVR空間内を自由に歩くことができ、オブジェクトに触れ、多人数による共有体験ができ、ワイヤレスによって広い行動範囲が実現できるなど、競合システムに対しても優位性を有する、革新的なVRシステム。連結子会社のロボットがABALに出資することで、同社の独占的営業窓口として、プラットフォームへのコンテンツ配信だけでなく、商業施設に対し新たなVRシステムを導入する事業を展開し事業に参入する。(文化通信)