世界で大人気の「ポケモンGO」 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 アメリカで「ポケモンGO」が社会現象となるなかで、ニューヨーク州知事は保釈中の性犯罪者が同ゲームを利用することを禁止したと、The Wrapが報じた。

 ニューヨーク州の上院議員2人が作成した「性犯罪者にとって「ポケモンGO」が子供たちへのバーチャル地図となっている」という報告書を読んだアンドリュー・クオモ州知事は、ニューヨーク州で保釈中の性犯罪者に対し「ポケモンGO」利用の禁止令を制定。管轄機関であるDepartment of Corrections and Community Supervisionに指令を出すとともに、「ポケモンGO」を開発したニアンティック社に対策を講じるように要請しているという。

 なお、ニューヨーク州ではレベル1からレベル3までの性犯罪者約3000人が保釈中にあるという。