スマホにサブディスプレイが復活! LG電子の最新SIMフリースマホ LG X screen がスゴイ

写真拡大

スマホが普及するまえ、ガラケーが主流の時代、必須と言われていた機能があった。
カメラよりも必須な機能、それは「サブディスプレイ」だ。
「サブディスプレイ」は。折りたたみケータイをたたんだ状態のままで、時計やメール着信などが確認できるため、大変便利な機能だった。

しかし、スマホではスリープ状態を解除すれば、時計や通知がわかるため、サブディスプレイ搭載モデルはほとんど姿を消していた。

だが今年、スマホにも便利なサブディスプレイ搭載モデルが復活したのだ。

●2つのディスプレイを持つ「LG X screen」
サブディスプレイ付きスマホを投入するのは、大手スマホメーカーの「LGエレクトロニクス」だ。
LGエレクトロニクスは、ジュピターテレコム(J:COM)向けSIMロックフリースマホとして、「LG X screen」を発表した。

「LG X screen」は8月18日に3万3000円で発売される予定だ。

このスマホ、一見するとミドルスペックのスマホとなっている。
しかし、ディスプレイ上部に約1.76インチのサブディスプレイを搭載しているのだ。
サブディスプレイは常時表示が可能で、
・時計表示
・バッテリー表示
・電話やメールの通知
・音楽のコントロール
・アプリのショートカット

などが利用できる。

●薄暗い場所やちょっと確認に便利
スマホはスリープ(電源)キーを押すことで、画面が点灯し時計などがわかる。
そのため、「スマホはサブディスプレイ不要」という人もいるだろう。

しかし、
・映画館など薄暗い場所
・ボタンを押すこと無くちょっと確認したいとき
に、サブディスプレイが威力を発揮するのだ。
さらに、夜中に目が覚めてしまったとき、「いま何時かな?」とスマホで確認するのに眩しい思いをしなくていい。

実は過去にシャープなどからサブディスプレイ搭載スマホが投入されたことはあった。
また、XperiaやGalaxyなど、一部スマホは専用フリップケースを取り付けることで、擬似的にサブディスプレイのような表示を利用できるモデルもある。

つまり、
「スマホにサブディスプレイ」需要は、間違いなく存在していると言えるだろう。

この本格的サブディスプレイ搭載スマホ、これは、とても便利そうだ。

<「LG X screen(LGS02)」/b>
サイズ:約142.6x71.8x7.1mm
重量:約120g
カメラ:メイン 1300万画素、サブ 800万画素
ディスプレイ:メイン 4.93インチHDディスプレイ、サブ 1.76インチ
CPU:クアッド(4コア)コア MSM8916
動作メモリ:2GB
本体保存メモリ:16GB
OS:Android 6.0.1

プレスリリース|LGエレクトロニクス・ジャパン
布施 繁樹