多くの審査員を魅了し「ミスiD2015」を見事獲得した黒宮れい

写真拡大

黒宮れい、15歳――。

8歳の頃からジュニアアイドルとして活動を始めた彼女を一躍有名にしたのは国内屈指のアイドルオーディション「ミスiD2015」だ。

当時13歳の彼女は“武器としてのスクール水着”をまとい、エレキギターをプレイするという大胆不敵なパフォーマンスを披露。生意気なのに愛おしい存在感と自分の魅力を知り尽くしたセルフプロデュース力で多くの審査員を魅了し、「ミスiD2015」を見事獲得した。

2015年3月には、同オーディショングランプリの金子理江、女装パフォーマーのレディビアードと異色アイドルグループ「LADYBABY」を結成。デスボイスとアイドル風の曲調で日本の文化を紹介するデビューシングル『ニッポン饅頭』はYoutubeで1500万回再生を記録し、日本のみならず海外でも話題に。

さらに、10月には短編映画「Heavy Shabby Girl(ヘビーシャビーガール)」に主演するなど、現在はアイドル活動の他にも活動の幅を広げ、同作品の監督で「縷縷夢兎(ルルムウ)」のデザイナー・東佳苗、シンガーソングライター・大森靖子、ミスiD2015グランプリ・水野しずといった“ひと癖もふた癖もある最前線のクリエイター”から最上級の寵愛を受け、今ますます大注目となっている。

一体、黒宮れいとはどんな女のコなのか? その素顔に迫るべく、本人に突撃インタビューした。

―ブレイクのきっかけとなったミスiD2015には、なぜ参加を?

黒宮 事務所の先輩が出ていたこともあって、事務所から薦められました。だから、最初はそんなにやる気もなくて、自己PRの紙も適当。好きな本の欄も同級生が面白いと言っていた『恋は短し…』、なんだっけ?(笑)

―『恋は短し歩けよ乙女』ですね!

黒宮 それ! 読んでないけど、書きました!(笑) そんな適当なスタートだったけど、やるからには徹底的にやろう、絶対にグランプリ獲ろうと思って頑張りました。でも獲れなくて…ホントに悔しかったです。

―でも、グランプリに次ぐ賞の「ミスiD」に選ばれた影響は大きかったのでは? 

黒宮 そうなんです! お仕事の種類がびっくりするぐらい変わりました。それまでは、ほぼグラビアの仕事一本。でもミスiDの後はLADYBABYでアイドル活動をしたり、短編映画に主演したり、メジャーアーティストのPVに出たり…。



―まさにシンデレラストーリー! これまでの仕事との一番の違いはなんですか?

黒宮 初めての人にいっぱい会うことです。DVD用のグラビア撮影は小さい頃からやっていたので、スタッフさんはずっと同じ。撮影も仲のいい人たちとの旅行気分でした。でも今は現場に行くと最初は知らない人ばかり。行く前は「初めての人ばっかりで怖いなー」って思っちゃいます。

―実は人見知りですか?

黒宮 そもそも人が怖いんです。街でも人混みには行かないし、歩く時は必ずイヤホンをして、ずっと下を向いて歩いています。なので、他の人から見たら、“ヤバいやつ”にしか見えないかも(笑)。

―オーディションではスク水姿でギターを弾く度胸があるのに、そんなに人が怖いなんて意外です。では、ひとりでいることが好きですか?

黒宮 ひとりでいるのも、もっとイヤ! 人も怖いけど、おばけがもっと怖いんで!

―えっ! おばけ?

黒宮 おばけはホントにいるんですよ! れいは、お風呂やトイレに入る時は誰かに見ててもらうか、ドアを開けっ放しにします。あと、いつ襲われるかはわからないから、いつでも守りの態勢がとれるように心構えをしています。

―万全を期してますね(笑)。でも、そんなにおばけを警戒して暮らしてたら毎日の生活が大変では?

黒宮 そうなんです! だけど、高校で芸能科に入って、学校ではひとりでトイレに行くようになりました。

―それはなぜ?

黒宮 芸能科の高校生は、みんな“マセガキ”。だから「おばけ怖いから、一緒にトイレ行こう」なんて、恥ずかしくて誘えない(笑)。でも、家ではやっぱりひとりで寝るのはまだ無理なので、今でもお父さん、お母さん、お姉ちゃんが順番にれいと一緒に寝てくれています。

―家族とは仲がいいんですね!

黒宮 そう! お姉ちゃんの黒宮あやとは一緒にBRATSというバンドをやってるし、お父さんとはご飯に行ったり、腕を組んで歩いたりします。でも、うちの家族はちょっとクレイジーなので、実は家の中が“サバイバル”なんです。



―サバイバル? 危なそうですが、どういうことですか?

黒宮 お姉ちゃんとお父さんがサバゲーに激ハマりしていて、家の中で発砲してくるんです(笑)。お風呂上がりにおっぱいを撃ってきたり、深夜にいきなり襲撃されたりで朝も夜も関係なし。いつでもどこでも突然、戦闘が始まるのが我が家の日常ですね。

―それはサバイバル過ぎでしょ(笑)。お母さんは止めないんですか? 以前、れいちゃんが出演したTV番組で、お母さんから届いた手紙の印象ではあんまりクレイジーじゃなかったような…。

黒宮 それはTVだからですよ! 本物は全然違います! 家族の中では、れいが絶対に一番、常識人です!!

―そういうことにしておきます(笑)。では、休日の過ごし方は? 人混みが怖かったら、なかなか遊びに行けないのでは…。

黒宮 休日は家で寝てることが多いですね。でも、せいこちゃん(大森靖子)やかなえちゃん(東佳苗)のところに遊びに行くこともあります。

―どんなことをして遊ぶんですか?

黒宮 せいこちゃんとは旦那さんと3人で買い物に出かけてお洋服を見に行ったり、家でたこやきパーティーしたりします。

かなえちゃんは仕事の相談にも乗ってくれるし、ふたりで恋バナもします。あと、かわいい服をたくさん貸してくれるのでお姉さんみたいな感じですね。でも泊まりに行ったりすると、聞いてないのに勝手に“いろんなこと”を教えてくれる…。インタビューではとても言えないですけどね(笑)。

―気になりますが、聞かないことにします(笑)。そんな大森さんや東さんのような「才能のあるクリエイターの人」に愛されているイメージが強いですけど、個性的なクリエイターの人たちは怖くないの?

黒宮 確かにかなえちゃんもせいこちゃんもクレイジーだけど、れいのことを理解してくれてるし、優しいから大好きです。でも、私のバンドBRATSに「十四歳病」という曲を作ってくれた、アーバンギャルドの松永天馬さんは初対面の時はかなり怖かった…。



―そもそも松永天馬さんはなぜ楽曲提供を?

黒宮 「性格良し子ちゃん」っていうAVメーカーをやっているターボ向後(こうご)さんが、れいたちのことを松永天馬さんに話してくれたのがきっかけだったみたいです。

―“個性派AV監督”経由で“個性派プロミュージシャン”からの楽曲提供が決定なんて、なんだかすごい…。で、どんなふうに怖かったんですか?

黒宮 「曲を作るため、れいちゃんたちのことを知りたい!」と言われて、初対面なのにいっぱい話しかけられたのが怖くて…。実際に会うと、眼力とかモサモサな髪の毛とか“全身からの圧”にびっくりしちゃって、全然話せませんでした。

あと、他のアーバンギャルドのメンバーも全員来てくれたんですが、それもインパクトが強くて…。

―どんな印象でしたか?

黒宮 まず全員、前髪がぱっつんなんです(笑)。レコーディングでは優しくサポートしてくれたんですが、初対面で4人に一斉に見つめられた時は「ひぃぃぃぃ!」ってなりました。れいはおかしな人と思われがちなんですけど、おかしな人にも好かれがちなんです(笑)。

―「いい意味で、おかしい人」ってことですね?

黒宮 もちろん、そうです!(笑) 「おかしい」は、れいの中では褒め言葉。クレイジーな大人って最高じゃないですか!

●後編は明日配信予定!

(取材・文/山本隆太郎 撮影/草野庸子)



■黒宮れい(くろみや・れい)


2000年11月29日生まれ。埼玉県出身。

趣味=ファッション・歌うこと。特技=フラフープ・変顔。

8歳でグラビアアイドルとしてデビュー。2015年の「ミスiD2015」受賞をきっかけに、ミュージシャンや女優などとしても活躍中。

Twitter【@rei_Neverland】