安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)は19日夜、東京都内で東京都知事選候補の鳥越俊太郎氏と懇談しました。市民連合として鳥越氏を推薦したことを報告し、政策提言書を手渡しました。

 市民連合を代表して山口二郎氏(法政大学教授)があいさつしました。政策提言書は、市民連合に参画する学者を中心にまとめたといいます。「シールズやママの会のメンバーからも意見を募り、できる限り反映させました。都知事になった際にはぜひ実現していただき、人間本位の都政を取り戻してほしい」と要請しました。

 政策提言書を受け取った鳥越氏は「野党共闘ができ、さらに市民連合の推薦を受けました。大きな勇気を与えられている。力いっぱい最後までたたかい抜きたい」とのべました。

 市民連合からの政策提言について鳥越氏は、「これからきちんと目を通さないといけないが、基本的に違いはないと思う。全力をあげて検討していきたい」と語りました。