ソフトバンクが異例の謝罪で「アメリカ放題」キャンペーンをスピード復活!

写真拡大

ソフトバンクが2014年9月よりサービス開始した「アメリカ放題」。今年2016年6月30日までキャンペーンでソフトバンクの契約ユーザーは原則無料で利用できた。しかし、7月1日から有料オプションに移行した。

しかし、一転、急遽、「アメリカ放題」のキャンペーンが、驚きの復活を果たしたのだ。

●混乱を招いたとして復活へ
2014年9月にサービス開始した「アメリカ放題」は、米国の通信会社「スプリント」のネットワークを使い、日本と同じように
・通話
・SNS
・モバイルデータ通信
を使い放題にするサービスだ。
サービス開始記念キャンペーンとして、ソフトバンクユーザーは原則として無料で利用できていた。

しかし、2016年6月30日をもってキャンペーンは終了してしまった。
そのため、TwitterなどのSNS上でも「7月から高額請求されてしまった」などの投稿もあり、話題となっていた。

それを踏まえてか、ソフトバンクは急遽「アメリカ放題」サービスのキャンペーンを復活させたのだ。

ソフトバンクは同社サイトのお知らせにて、
「終了に当たってはホームページでのご案内や、米国に滞在中のお客さまや渡米してスプリントのネットワークを利用するお客さまにSMSでご案内しました。
しかしながら、十分な告知期間を設けられなかったことなどでお客さまを混乱させてしまったことを踏まえ、再開することとしました。」
として、
「おわび申し上げます」
と、謝罪したのだ。

●本当のキャンペーン終了は「未定」?
今回、「アメリカ放題」のサービスのキャンペーンは復活した。

その結果、ソフトバンクユーザーは、6月以前と同じように、原則としてアメリカ本土やハワイにて日本と同じ感覚でスマホやケータイが利用できる。

しかし、「キャンペーン」であるからには、いつかは終了すると考えておく必要がある。

このことについて、ソフトバンクは、
「キャンペーンの終了時期は未定ですが、終了する場合は十分な告知期間を設けて改めてお知らせします。」
とコメントしている。

したがって、前回のように6月に入ってから「6月いっぱいで終了します」といった、急なキャンペーン終了で戸惑うことは無さそうである。

なにはともあれ、
今回、キャンペーンが復活したことで、夏休み期間に渡米などを予定していた人、渡米を考えていた人にとっては、渡米先でもスマホがオトクに利用できるようになったことは、うれしい結果といえるだろう。

「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」の再開について|ソフトバンク
布施 繁樹