中山美穂と竜星涼

写真拡大

 女優の中山美穂が、直木賞作家・山田詠美氏の著書をドラマ化する「賢者の愛」に主演することがわかった。初恋の人と親友の間に生まれた息子を利用し、20年の歳月を復しゅうに費やす主人公・高中真由子を演じる。

 控えめな少女・真由子は、両親と恋心を抱く作家志望の青年・澤村諒一とともに東京近郊で幸せに暮らしていた。ある日、隣に引っ越してきた同じ年頃の少女・朝倉百合と仲良くなるが、自由奔放な百合はやがて諒一の子どもを妊娠し、結婚。真由子は、ある思いからふたりの息子を「直巳」と名付け、20年に渡って調教し、自らに依存させるという復しゅうを実行する。

 2年ぶりのドラマ主演となる中山は、「包まれた愛と幸せの中にいる女性、その幸せを奪うことを幸せに感じる女性、そしてその先にある、ひとりの男性との特別な関係……。危うくも濃密な愛憎劇は、私の中の色々な感情を刺激しています」と意欲満々。復しゅうに燃える真由子というキャラクターを「品性、知性、感性を持った女性」と表現し、「父親に対する尊敬と愛情をベースに自分の気持ちに揺るぎなく生きている女性だと思います」と分析した。

 原作者の山田氏は今回のキャスティングに、「クールビューティでいながら、うちに、とてつもない熱いものを秘めているという主人公真由子のイメージに、中山美穂さんはぴったりだと思います。どうにもならない人間の激しい業と、もの哀しさを存分に演じていただきたいです。美しいラブシーンになるでしょうね」と期待を寄せている。

 「連続ドラマW 賢者の愛」(全4話)は、百合役に高岡早紀、直巳役に竜星涼、諒一役に田辺誠一が扮するほか、朝加真由美、榎木孝明、浅利陽介 草村礼子が共演する。8月20日午後10時からWOWOWで放送開始予定。