1
 
夏のレジャーシーズンがやってきて、海や川にプールなど、iPhoneを水辺に持っていく機会が増えてきていませんか?
 
そこで心配なのが、iPhoneの水没事故。海やプールに限らず、お風呂にiPhoneを持ち込んで落としたり、水没とまではいかなくても飲み物をこぼしてiPhoneにぶちまけてしまった、なんてこともあり得ます。
 
今回は、そういったiPhoneの水没・水濡れから、300円でiPhoneを復活させる方法を紹介します!

水濡れや水没は応急処置が重要

そのまえに、まずは水濡れした際の応急処置について知っておく必要があります。この応急処置を間違えると、iPhoneが復活する可能性が大幅ダウンしてしまいます。
 
特に重要なのは、
 

電源をオフにするカバーやケースを外すタオルで包み、やさしく拭く
 
この3つです。
 
詳しくはこちらの記事もあわせてチェックしてみてください。
 

【水濡れ】雨でiPhoneが濡れた!応急処置と絶対にやってはいけないこと

用意するもの

では、本題の水没したiPhoneを復活させる方法を紹介します。用意するものはこちら。
 

食品保存用袋

 

 

シリカゲル乾燥剤

 

 
食品保存用袋は200円前後、シリカゲル乾燥剤は100円ショップで購入することができます。
 
食品保存用袋のかわりに、100円ショップのジッパー付きのストックパックなどでも代用可能です。

水没したiPhoneを復活させる手順

思い切りびしょぬれになったiPhoneを復活させるためには、まずは先ほど紹介した3つの応急処置を行ってください。そしてタオルで水気を完全にふき取ってから、以下の手順でiPhoneを乾燥させます。
 

1
食品保存用袋シリカゲル乾燥剤を用意します


 

2
シリカゲル乾燥剤を食品保存用袋にいれます

今回は8個いれていますが、4個前後でも問題ありません。ただし、多めのほうが効果が期待できます。
 

 

3
このなかに水没・水濡れしたiPhoneをいれます

そして食品保存用袋からできるだけ空気を抜き、ジッパーを閉じて密閉します。こうすることで、iPhoneの内部に入り込んだ水分を乾燥させることができます。
 

 

4
iPhoneの入った食品保存用袋をほんのり暖かい場所

最後に、このiPhoneの入った食品保存用袋を、冷蔵庫の上やテレビの裏など、「ほんのり暖かい場所」に置いておきます。あくまで「ほんのり暖かい場所」で、熱すぎるのは逆効果です。ドライヤーなどで温めることは避けてください。
 
そして、丸一日程度経ってからiPhoneを取り出し、電源を入れてみてください。

この方法で電源が入らなかったら・・・・・・

濡れたiPhoneを完全に乾燥させることで、高確率でiPhoneを復活させることができますが、100%復活するわけではありません。水濡れの状態によっては、完全に故障していて電源がどうしても入らなかったり、その他不具合が出る場合があります。
 
水濡れや水没での故障はAppleCare+に加入していても保証が効かないので、修理費を払うか、キャリアの保障サービスや修理業者に頼む必要があります。
 
また、真水に濡れた場合は上記の手順で乾燥させるとよいですが、海水や塩水、ジュースなどで濡れた場合は対応が変わるため、こちらも業者に頼んだほうが安全です。
 
水没からの復旧は対応の早さが肝心なので、心配であればまずは修理業者に電話で尋ねてみることをオススメします!
 
 
※この記事で紹介した方法は、故障したiPhoneが必ず復活することを保証するものではありません。実際に行う際は、自己責任でお願いします。