浴衣って、奮発して買ってもなかなか着る機会がない。花火大会は混み合うし、レストランに着ていくのもなんか違うし……。そんな人におすすめしたいのが『とうふ屋うかい 鷺沼店』で8月31日まで開催中の「ゆかた祭り」。浴衣の映える美しい日本庭園を眺めながら、涼やかなとうふ料理を楽しむことができるのだ。

東京・芝にある『とうふ屋うかい』も人気だが、鷺沼店も、渋谷から30分かからないくらいの場所。江戸の街並みを再現しており、ちょっと足を伸ばしただけでプチトリップ感が味わえるのが魅力だ。浴衣で足を運べば、江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚が味わえるはず!



敷地に足を踏み入れると、そこは江戸の世界

瓦屋根に赤い壁、夕暮れになると提灯の明かりがともるエントランス。飛騨高山にあった江戸時代の商家の柱や梁を実際に使って、和風建築の第一人者によって建てられた母屋に一歩入れば、そこはまさに江戸の風景。浴衣がこれ以上しっくりとくる場所はなかなかないだろう。

「ゆかた祭り」の特別コースは、5,830円(税・サ別)で豆腐や豆乳を中心にした全7品のコースに、浴衣で訪れると人気のおしょうゆとうちわが付く。夏らしさをたっぷりと味わえる、8月末までのスペシャルでお得なコースだ。

何よりも夏に「ちょっと小旅行したい」という、プチトリップ体験が日帰りでできるのが嬉しいではないか。





庭を眺めながらゆったりとすごせる和室

いちばん人気は庭を見渡すことのできる離れ。ここを抑えたかったら、早めに予約をしておきたい。とはいえ、離れ以外にも美しい庭を眺められる落ち着きのある客室が30室も用意されているので、ご安心を。



庭には小さな滝があり、夏場は涼しげな水音に耳を傾けながらゆったりと過ごすことができる。「ゆかた祭り」期間中は庭の中央にある朱塗りの太鼓橋にずらりと南部風鈴が吊り下げられ、さらに涼やかな音色を奏でてくれる。

さらに、ゆかた祭り中の7月19日から8月末までは、夜に番傘をつかった幻想的な和のイルミネーションも予定されている。



季節の恵みを感じさせる、夏野菜の前菜と鱧椀

部屋でくつろいでいるとまず運ばれてくるのが「清涼三種盛」。
冷たいもろこしのすり流しは旬のとうもろこしのすり流しに、フリーズドライの醤油とやきとうもろこしを散らした、香ばしさを楽しめる一品。
かにあん豆乳とうふはしょうがの効いたべっこうあんが夏らしい。なめらかな豆乳とうふはやはりとうふ料理店ならでは。

もうひとつは翡翠色が涼やかななすそうめん。岡山の千両なすを細く切って揚げたものと、ボイルして葛うちをし、味を含ませたものの二種類を和えるという凝りよう。異なる食感が混じり合って楽しい。海老だしのジュレとうにがのり、奥深い味わいだ。


なんとも涼しげな豆腐料理が登場!



次に登場する鱧椀は、こちらも夏らしい一品。はまぐりと鱧のあらからとった出汁と豆乳をあわせた白いつゆに鱧が浮かび、なんとも滋味深い。

この店で使用する豆乳は、八王子にある自社とうふ工場から毎日直送される新鮮なもの。厳選された高級大豆を使用し、水は八王子・大和田の銘水を使用している。そのため、風味は濃厚で豆の香りや甘みを強く感じられるのだ。



二人で焼くのも楽しい、名物・団欒炭火焼

年間を通じて楽しめる団欒(だんらん)炭火焼は、ここ『とうふ屋うかい 鷺沼店』の名物。自家製のあげ、とうふのすり身入りのさつまあげ、ふっくらとしたはんぺんをその場で焼くもので、焼きたてを鰹節や薬味など好みの味つけで味わえるのが特徴だ。

あげにはお店で火入れした金山寺みそをつけて食べるのがおすすめだとか。はんぺんやさつまあげにたらすとたまらないしょうゆはとうふ屋うかい特製のもので、お土産としても人気の一品。「ゆかた祭り」に浴衣で来店するとプレゼントされるのがうれしい。

お店のかたに頼んでちょうどよい具合に焼いてもらうこともできるが、せっかくデートで行くならば、焼くところから二人で楽しむのもいいかもしれない。





ひんやりと冷たいお出汁で味わう
甘みあるとうふは絶品!

なんとも涼しげな「二ツ井とうふ」。特注でつくられたという真鍮の器には特製のだし汁が張ってあり、丸くすくいとられたとうふがじゅんさいとともに浮かんでいる。ここから人数分をすくって供される。

ポイントは、このメニューのためだけにていねいにとられた濃い利尻昆布のだし。そこに特製の吟醸とうふを浮かべ、提供する前にだしの中に氷を入れることでちょうどいい具合に薄まるのだという。



美しくすずやかな見た目のこのとうふを口に運ぶと、日中陽にさらされた身体をしずめるようなひんやりとした食感。だしのうまみとともにしっかりとした歯ごたえと甘みが口に広がる。まさに絶品だ。



牛タン、ばらちらし、デザート……
バラエティに富んだコース

お肉料理には、もろみみそと胡椒の効いた牛タンを目にも鮮やかな夏野菜の素焼きとともにいただく「牛タン胡椒焼」が。
さらに白身はしょうが醤油、赤身はだし醤油などそれぞれの魚にあわせて漬けられた深い味わいのばらちらしは思わず写真に収めたくなる美しさだ。

なめらかな自家製マンゴーアイスをつかった夏らしいマンゴーパフェと最中のデザートを味わったあとは、水音の響く広い庭を散歩するのも一興だ。




小江戸へのプチトリップを日帰りで堪能しよう!


ここ鷺沼店では、2001年から続くというゆかた祭り。とうふ屋うかいのなかでも大和田店とここ鷺沼店の二店舗のみで楽しめるこのイベントは、毎年楽しみにしている人も多いという。

もちろん洋服で行ってもよいのだが、せっかくならいちばんお気に入りの浴衣をびしっと着こなして、江戸情緒溢れるデートを楽しんでみてはどうだろうか?