エリック・エストラーダ Photo by Michael Kovac/WireImage

写真拡大

 1977年から83年まで6シーズンにわたって放送された、米NBCの大ヒットシリーズ「白バイ野郎ジョン&パンチ」(原題:CHiPs)で、バイク警官のパンチを演じた米俳優エリック・エストラーダが、米アイダホ州セント・アンソニー警察の予備警察官に就任したことがわかった。

 「白バイ野郎ジョン&パンチ」は、米カリフォルニア州ハイウェイパトロールのバイク警官2人組を主人公にした、陽気でコミカルな警察ドラマで、ヒスパニックのパンチのパートナーである白人のジョンをラリー・ウィルコックスが演じた。

 67歳のエストラーダは7月上旬、自身のTwitterアカウントで予備警察官就任を発表。制服を着用し、バイクと一緒の写真をアップしてファンを喜ばせた。

 なお現在、「白バイ野郎ジョン&パンチ」の米ワーナー・ブラザースによる映画化企画が進行中だ。ジョン役にダックス・シェパード、パンチ役にマイケル・ペーニャが起用されており、シェパードは監督と共同脚本も兼ねる。ほか、ビンセント・ドノフリオ、アダム・ブロディ、クリステン・ベルらが共演し、2017年8月11日の全米公開が予定されている。