トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

写真拡大

2000年代最高のTVシリーズのひとつと言われる『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが、実在した「世界最高の脚本家」、ダルトン・トランボに扮した『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』。7月22日(金)より全国公開される今作の特別映像が届いた。

『ローマの休日』『スパルタカス』『ジョニーは戦場へ行った』『パピヨン』といった作品を世に送り出した稀代の脚本家ダルトン・トランボ。赤狩りが行われるハリウッドで汚名を着せられても不当な権力に屈さず、業界から締め出されながらも偽名でアカデミー賞を2度受賞した男の生涯を描いた感動作。この度公開された特別映像では、スタッフやキャストがブライアン・クランストンの魅力を語っている。監督のジェイ・ローチ(『ミート・ザ・ペアレンツ』)は「トランボは性格的に矛盾を抱えているから、演じるのが難しい。だが、ブライアンならできると思った」と彼の才能を高く評価し、共演者の一人のヘレン・ミレン(『クィーン』)は「役者はお互いの演技に恋をすることがあるの。彼の演技がそうよ」と恋に落ちたことを告白している。

『アルゴ』や『GODZILLA ゴジラ』など映画界でも活躍するブライアンだが、実は主演は今作が初めて。第88回アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされ、あのレオナルド・ディカプリオとほぼ一騎打ちとの噂も上がったほどの素晴らしい演技を見せている。今後も続々と主演映画が増えそうな予感をさせる圧巻の演技は絶対に見逃せない!

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は7月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)