写真提供:マイナビニュース

写真拡大

DCコミックスの悪役が集結するアンチ・ヒーロー大作『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)の日本版ポスタービジュアルと新たな予告編が15日、公開された。

本作の主人公は、バットマンらヒーローに捕まり、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たち。世界崩壊の危機に政府は、服役中の悪党を寄せ集め特殊部隊"スーサイド・スクワッド"を結成した。彼らは、自分の刑を軽くしたい、ただ暴れるのが好きといった自分本位な理由から大暴れしていく。

公開されたポスターは、「史上最強の"悪カワ"ヒロインと10人の悪党たち」とのコピーが踊ったポップな仕上がりとなっている。ミニホットパンツに網タイツというセクシーさで目を引くのは、そのかわいらしさが話題を呼んでいるハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)。ジョーカー(ジャレッド・レト)にほれてヴィランとなった彼女がバット片手に見せる満面の笑みは、狂ったヒロインとしての存在感を見せている。

同じく先頭に立っているのは、銃を持つ姿がヒーローかと思われるようなキリリとした表情のデッドショット(ウィル・スミス)。悪役的なイメージのないウィルだが、本作では冷酷な暗殺者として登場する。加えて、バックに浮かび上がる目と銀歯は、スーパーヴィラン・ジョーカー。不気味ながらも、どこかキャッチーな魅力を見せつけている。

予告では、冒頭からノリノリで着替えをするハーレイが。ほかのキャラクターたちが足を止めてしまうような、下着も披露している。中盤からは、アメコミファンから人気のジョーカーが登場。大量の銃やナイフに囲まれたジョーカーは、なじみ深い高笑いを響かせる。

「お仕置きタイムだ」との言葉と共に、派手に暴れまわるジョーカー。ほかにも、銃を連射するデッドショットや、手から炎を出す全身タトゥーの火炎放射男・ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)などのキャラたちも、思い思いに暴走していく。ラストでは、街を歩くハーレイが突然、ショーウィンドウのガラスを割ってバッグを強奪。「だって悪党だもん」と破天荒な一言を残して、映像は締めくくられる。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC