ジリアン・ジェイコブス Photo by Taylor Hill/FilmMagic

写真拡大

 ジャド・アパトーが制作総指揮を務めるネットフリックスのドラマ「LOVE ラブ」に主演している女優ジリアン・ジェイコブスが、米ニューライン・シネマの新作「Life of the Party(原題)」に出演することがわかった。

 同作は、人気女優メリッサ・マッカーシーと夫で俳優・監督のベン・ファルコーンが執筆したコメディ映画で、ファルコーンが監督、マッカーシーが主演を務める。プロットの詳細は不明だが、ロドニー・デンジャーフィールド主演の1986年の映画「バック・トゥ・スクール」のような作品とのこと。ちなみに「バック・トゥ・スクール」は、学歴はないがビジネスで成功した中年男性が、金にものを言わせて大学に入学し、キャンパス生活をエンジョイするというコメディだ。

 米ハリウッド・レポーターによれば、ジェイコブスはソロリティ(女子学生クラブ)のメンバーの1人を演じる。「Life of the Party」は、8月に米アトランタでクランクインの予定。

 ジェイコブスは、ポール・ラストと主演するラブコメディ「LOVE ラブ」シーズン2が先ごろクランクアップした。マッカーシーは、主演したリブート版「ゴーストバスターズ」(ポール・フェイグ監督)が7月15日から全米公開、8月19日から日本公開される。