7月11、12日の両日、今年も日本最大のサラブレッド市場「セレクトセール2016」(主催・JRHA日本競走馬協会)が、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて行なわれた。

 昨年、131億7350万円(2日間)を売り上げ、3年連続で史上最高額を更新し、勢いがとどまるまるところを知らない同セール。ここ1年でも、エイシンヒカリ、モーリス、リアルスティールらが海外で相次いでビッグレースを勝利し、日本産馬への海を越えての関心が尽きないこともあって、今年も好調が期待された。フタを開けてみれば、売却総額149億4210万円と、昨年の記録をさらに大きく更新。1億円を超えた馬も過去最多の23頭となっただけでなく、平均落札価格の3831万円も記録となり、全体にわたって活況となった。

 それでもセリの好況を支えたのは、いわゆる大物馬主の購買力で、毎年主力となるミリオネアは今年も健在。中でも存在感を大きく示したのが、「サトノ」の冠で知られる里見治氏であった。毎年のようにその世代の目玉となる馬を所有するも、GI勝利はいまだなく、2年連続でダービー2着(15年サトノラーゼン、16年サトノダイヤモンド)の無冠の帝王だが、その悲願に向けて並々ならない執念を発揮した形になった。

 まず1日目の1歳馬。19番目の上場馬だったシャムロッカーの2015(牡、父ディープインパクト)を1億7000万円で競り落とし、この日最初の1億円超えでの落札を果たすと、この後もクリームオンリーの2015(牡、父ディープインパクト)の1億2500万円をはじめ、合計5億6000万円で6頭を購入。そして、圧巻だったのが2日目の当歳。301番から始まったセリの上場番号328番イルーシヴシェーヴの2016(牡、父ディープインパクト)は、8000万円からスタートすると、静寂と緊張感が会場を支配する中、淡々と2億を超える。最後の攻防は欧州最大の競馬組織クールモアとの競り合いになりながら、ディープインパクト産駒の当歳馬としては史上最高の2億8000万円でハンマーが落ちた。

「相手(クールモア)は5億まではいくなんて話もあったので、3億を超えたらやめようと思っていた。でも、シルエットから何からすべてが今日一番欲しかった馬」

 そう語る里見氏の目は、この馬への強い意志が感じられた。さらに進撃は続く。今年のダービー2着馬サトノダイヤモンドの全弟である389番マルペンサの2016(牡、父ディープインパクト)も、居並ぶライバルを退け、同じく2億8000万円で落札。終わってみれば、2日間を通して13億2700万円で、計13頭を購入した。

 そのほかにも、「ダノン」の冠号でおなじみのダノックス、「トーセン」でおなじみの島川隆哉氏、そして今年のダービーをマカヒキで制して、父ディープインパクトと合わせて、所有馬によるダービー親子制覇を果たした金子真人氏(名義は金子真人ホールディングス)らも、相次いで「億超え」馬を落札し、健在ぶりを示した。

 気を吐いたのは常連の大物ばかりではない。1日目の最高落札額となったオーサムフェザーの2015(牡、父ディープインパクト)は2億6000万円で黒川哲美氏(名義はKTレーシング)が購入。翌日の当歳セリでもプリティカリーナの2016(牡、父オルフェーヴル)なども落札していた。また、1日目の落札額2位となったシャンパンドーロの2015(牡、父ディープインパクト)は昨年のセリでも1億円馬を2頭購入していた松島正昭氏(名義はキーファーズ)が2億3500万円で購入した。

 そして、新人馬主というには憚(はばか)られそうなのが、イオンの名誉相談役である二木英徳氏で、1日目の1歳馬セリから積極的に購買すると、2日目にはファイナルスコアの2016(牝、父ディープインパクト)を1億5500万円で落札した。

 海外からのバイヤーも、円安の逆風に遭いながらも積極的な購買を見せた。カナダやオーストラリアで競走馬を所有するチャールズ・フィプケ氏は、昨年存在感を示したオーストラリアのゲイ・ウォーターハウス調教師の進言でセールに参加し、トップライナーの2015(牝、父ディープインパクト)を購入し、満面の笑みを見せていた。また、億超えではないものの、ロードカナロア産駒の2頭を含む3頭を、香港の呂健威(フランシス・ロイ)厩舎のアシスタントトレーナーである洪國興(リトル・ハン)氏が購入。香港スプリントを2連覇したロードカナロア産駒だけに香港でも注目度が高く、現地で走らせる可能性も示唆した。

 セール2日間を通して、ディープインパクト産駒の存在感はやはり大きなものだったが、初年度が2日目の当歳セリに上場されたジャスタウェイ産駒も、現役時代に受けた世界ナンバーワンの評価に沿うような形で存在感を示した。

 最初に登場したジャスタウェイ産駒は2日目が始まって間もない305番のレイズアンドコールの2016(牡)。父と同じ鹿毛のとねっこ(当歳馬)が現れると、セリ開始の声がかかるよりも早く手を挙げたのが、父を所有していた大和屋暁氏だった。「予想以上の金額になってしまいましたね」と苦笑しながらも、4700万円で落札。「弱気になって引き下がって、後々悶々とするよりも思い切ってしまおうと。ほかのジャスタウェイ産駒も高く売れて欲しい」と親心(?)をのぞかせた。

 その期待に応えるかのように、産駒たちは順調に落札。中でもアドマイヤラクティ(14年コーフィールドカップ優勝)の半弟にあたるアドマイヤテレサの2016(牡)は1億4000万円で落札され、昨年、初年度産駒が当歳市場に登場したオルフェーヴルでも超えなかった"億ホース"を早くも送り出した。同じセリ出身の父同様、世界に羽ばたくことができるだろうか。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu