「グッバイ、サマー」ポスター (C)Partizan Films- Studiocanal 2015

写真拡大

 ミシェル・ゴンドリーの最新作「グッバイ、サマー」の予告編が公開された。学校で疎外感を抱いていた14歳の少年2人が、やがて親友となり、自分たちで作った“動くログハウス”で夏休みの旅に出るみずみずしい瞬間を切り取っている。

 ゴンドリーが「この映画は、100%僕の思い出からできている。人のアイデアや原作ものではなくて、僕の思い出、僕が体験したことや、僕が覚えていることを基に冒険したかったんだ」と語る自伝的な作品。オーディションで抜てきされたアンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケが、14歳で女の子のような容姿のダニエルと、個性的で目立ちたがり屋の転校生テオを演じ、オドレイ・トトゥが、過干渉なダニエルの母役で出演する。

 「グッバイ、サマー」9月10日から、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ他にて全国公開。