若き医師の婚約者で令嬢の直子役で激しいベッドシーンを披露する間宮夕貴/[c]2016「屋根裏の散歩者」製作委員会

写真拡大

江戸川乱歩の傑作として、これまでにも映像化されてきた『屋根裏の散歩者』(7月23日公開)。江戸川乱歩エロティック・シリーズの第3弾となるが、劇中では期待にたがわぬ濃厚なラブシーンが満載だ。

【写真を見る】『ちょっとかわいいアイアンメイデン』の木嶋のりこは医師の遠藤に犯される女子学生・照子役に/[c]2016「屋根裏の散歩者」製作委員会

とある下宿屋で起きた青年医師の殺害事件をめぐって、彼と肉体関係にあった2人の女性との愛憎劇がつづられる本作。青年医師・遠藤の婚約者で大病院の令嬢・直子役を演じる間宮夕貴はFカップのバストだけでなく、メリハリのある見事なボディを惜しみなくさらけだしている。

また、遠藤の患者でもある女子学生・照子を演じる木嶋のりこは、遠藤に激しく犯される過激なラブシーンに挑戦し、細身のボディとはアンバランスなEカップの美乳を披露する。

実はこの2人、JKによるSM拷問ラブ・コメディ『ちょっとかわいいアイアンメイデン』でも共演し、木嶋が部活の先輩役の間宮を拷問するなどハードなシーンに挑戦していたが、本作でも男を交えての3人でのムフフなシーンまで見せてくれる。

間宮は日活ロマンポルノの28年ぶりの復活作となる、『風に濡れた女』(冬公開予定)でヒロインを務めるなど、今後も注目の1人。まずは本作で、その肢体を堪能してみては。【トライワークス】