SMAP稲垣吾郎が中居正広の「ある習慣」を大絶賛 「大人の男性っていう感じ」

写真拡大

7月7日夜に放送された『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)で、SMAPの稲垣吾郎が中居正広のある習慣について称賛した。

番組内で、以前、中居がラジオで自ら語っていたという「毛筆で手紙を書く習慣」について触れる投稿を読み上げた稲垣は、こうした中居の習慣について「うーん、これは中居君のもう尊敬できる、大人なインテリジェンスを感じる部分ですよね」「なんかいいですね、大人の男性っていう感じで」と称賛。自身については、文字へのコンプレックスがあるせいか、「メールでいいやと思ってしまう」と、こうした習慣がないことを明かしつつも、「今からでも別に字だって練習すれば上手くなれないことはないんですよね」「そういうこつこつとした努力っていうのは、もう今しなかったらいつするんです?って感じですよね」「字がうまいっていうのは、それだけで、すっごいその人が美しく見える」「僕なんかいくら綺麗なものが好きなんだって言ってても、字が汚かったらもう駄目ですからね。ホント、これは恥ずかしい。お恥ずかしいお話なんですけども...」と、中居に触発されてか、意欲を垣間見せることとなった。

なお、稲垣が自ら「言い訳」とした上で語ったところによると、もともと左利きというのが美しい字を書く上で不利になっているというが、今後の努力次第ではそうした不利をものともせずに美しい字を書けるようになる可能性もある。何事に対しても驚くほどの努力を見せる彼らだけに、今回の話をキッカケに、是非とも意欲的に挑戦していただきたいところだ。

■『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』公式サイト(木曜21時30分から文化放送にて放送)
www.joqr.co.jp/stopthesmap/

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】